ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

本好きが本棚2つ断捨離。本当に大好きな本だけに囲まれる暮らしってイイ。

https://instagram.com/p/ze2h6TJHXL/

instagram@ofumi_3 

 

本棚2つと、その中身を断捨離!

大物を処分するとスッキリしますね。ホクホク。

 

元々本好きなもので、

お給料が入ると自分へのご褒美に本屋に向かい、気になった本を買ってしまってました

そんな暮らしをしていれば毎月毎月本は増える一方。

本が増えるとそれを収納するための本棚も増えて、

一時は4つの本棚がありました。2人暮らしの家なのに。。

本当に大切な一冊ってどの本? 

ある日のこと、

朝、起き抜けのぼーっとした頭で、ぼんやり本棚を眺めていて思った。

「もし1冊だけ選ぶなら、萩尾望都の『トーマの心臓』だなー。というかこれさえあればいいかな。」

もう一冊と言われたら森見登美彦の『太陽の塔』だな。

あとは安野モヨコ氏の『美人画報』シリーズ

本当に好きで、繰り返し繰り返し読むのはこれだけだな・・・・。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・他の本、持ってる必要あるかな?

読んだものはもうわざわざ所有してなくてもいいかも。

本という形で持っておきたいのはあの2冊だけだし、それ以外は電子書籍でもいいな。

でも本を解体してスキャンする?そんな面倒なこと絶対したくない!(面倒くさがり)

というか本当に今後も読むんなら改めて電子書籍で買うわ。

っていうかもう読まない気がする。

よし、手放そう!! 

と思えました。

なので、ダンボールに入れて玄関先に置いてみました。

古本買取サービスで売ろうと思って。

古本買取サービスは重い荷物を運ばなくていいのでありがたい

 なんせ本棚2つ分なので重いしかさばるので。

腰痛持ちのわたしは店頭まで本を持ち込むの嫌なんです。笑 

f:id:mount-hayashi:20150227223313j:plain

 画像借りました。

無料で自宅に集荷に来てくれるのがありがたい。

次の休みにこのサービスを利用して本を処分しようと思ってます。

 

3/28に引越しするので、もったいない本舗で利用します♪

ダンボールもガムテープの無料で送ってくれて、着払い伝票(向こう持ち)も送ってくれて大変便利。

 

 

いまは本棚1つになりました。

さすがにまだ2冊だけには絞りきれていませんが・・・

(Photoshopやイラストレーターの逆引き辞典やレイアウトの教科書系、色の組み合わせ見本帳、ロゴ作りの教科書、起業本など、

教科書的な本は捨てられない)

(あとは夏雪ランデブーとか、セットで持っていたい漫画もいくつかあった)

 

本当に持っていたい本だけに囲まれて暮らすって、イイですよ。

 

わたしのベスト3

no.1 萩尾望都「トーマの心臓」

by カエレバ

 13歳の時に初めて読みましたが、最も影響を受けた本。

こういう風に(オスカーやトーマやエーリクのように)人を愛したいなと心底思いました。

バイブル的一冊で本当に大事な本。1年に1度読み返すことにしています。

 

no.2 森見登美彦「太陽の塔」

by カエレバ

読むと京都の町並みが脳内に鮮明に再生されます。

キラキラした光の箱、叡山電車が街を走るシーン、夢の中で原っぱの中の太陽の塔に会いに行くシーンが好き。

男汁溢れる文章で笑ける言い回しも好き。

 

no.3  安野モヨコ「美人画報ワンダー」

by カエレバ

安野氏の「綺麗になりたい!!!」って切実な願いや熱意が感じられて 、読むとやる気出ます。

中学生の頃に買って、繰り返し繰り返し読み返してます。

美人画報は3冊出ていて、「美人画報」「美人画報ハイパー」「美人画報ワンダー」とあるのですが、

ワンダーが一番好き。

安野氏のアブラがのってきているというか、絵も年々素敵になっていって文章もはっちゃけてて大好き。

 

上の3冊があれば幸せ。