ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

もらって嬉しいホワイトデー「のしつき赤福」から学ぶプレゼントの極意

 

https://instagram.com/p/z4d3NrJHQi/

 

もらって嬉しかったもの。

ちょっと早めのホワイトデー「赤福」

ホワイトデーのお返しにグッときた

伊勢名物といえば赤福!伊勢名物 赤福

言わずと知れた、お餅の上にこしあんをのせた和菓子です。 

 

バレンタインデーに、

会社のおじいちゃん(ちょい悪おやじ風白ひげおじいさん)にチョコを渡しました。

ちょっと早いけどホワイトデーのお返しにもらったのがこの赤福。

 

手のひらに収まるサイズ感

ピンクの蝶結びののしのかわいさとかしこまり感

ホワイトデーのお返しって洋菓子が多い中であえての和菓子というチョイス

のし上の「ほわいとでー」というゆるい表記・・・

どれをとってもめちゃくちゃ素敵!

「きゃー!!」と叫ぶほど嬉しかったです。

 

そして箱の中には2つしか入ってないのですが、

その少なさがまた

「大切に食べねば・・・」と思わせる。

大事な宝物のように思えて、ちゃんと緑茶を入れていただきました。

もらって嬉しい・あげて喜ばれるプレゼントの極意 

この超絶嬉しかった赤福から、もらって嬉しい・あげて喜ばれるプレゼントの極意を学びたいところ。

プレゼントを選ぶときに考慮したい条件としては、

・ゴミにならないこと=消え物(食べ物など消耗品)

・かわいいこと!

・もらってテンションが上がること

・自分ではなかなか買わないけど貰うと嬉しいもの

・プレゼントしてくれた人から大切にされてると感じられること(わざわざ選んでくれたんだな・・・と感じられること)

 

その点、この赤福はプレゼントとして、もう本当に完璧だと思いました。

消え物でおいしくて、

意外性がありながら、以外と自分では買わない、

わざわざ鳥羽もしくはその周辺の駅構内お土産屋さんなどでしか買えない希少性・・・

すばらしくてNICE CHOICE!

 

こういう贈り物を選べる大人になりたい!と心底思いました。

 

そういえば、赤福って夏と冬で味違うって聞きました。

やわらかさを保つ為?に、季節によって入ってる原材料・成分が違うと聞きました。

夏の赤福も冬の赤福もおいしかったです^ ^

 

大切な人への本命的お返しには8個入りの赤福にのしをかけてはどうでしょう。

 

ああ・・・2つ食べるともっと食べたくなる・・・

満足いくまで食べられないこの数の少なさ、希少性がまたいい。

それゆえもっと食べたくなるのでした。