ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』を読んで、実践したいと思った7つのこと。

断捨離 ミニマリスト・シンプルライフ・持たない暮らし ほぼ日手帳 絵日記

https://instagram.com/p/307dGKpHfg/

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士

この本の巻頭カラーページのミニマリストのお部屋を紹介するページで、

我が家をご紹介いただきました。

自分の部屋が本に載ってるというのは不思議な気持ちです。

書店で見かけたらちらりと見てやってください。

そしてこの本、ミニマリストを目指し始めた方にも、

断捨離が進んで既にミニマリストな方にとっても面白い一冊だと思います。

マキシマリストからミニマリストになった佐々木典士さん。

モノが増えすぎる理由や、断捨離するコツ・方法、モノを減らして佐々木さんの暮らしがどう変わったか、についてか書かれています。

ミニマリストになって(モノを減らして)起こった変化の理由などについて分析されていて、とても興味深かったです。 

 

この本を読んで、フムフム!と思ったこと。

そして生活に取り入れたいなーと思ったことをまとめてみます。

 

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』を読んで、納得したこと・実践したいと思った7つのこと。

1.どんなにときめいて買ったものでも、いつかは「慣れ」て「当たり前」になって「飽きる」。

人間には、環境に適応する能力がある。

それがモノにも適用されて、どんなにときめいて大枚はたいて買ったモノでも、いつしか慣れて飽きてしまう。

だからこそ、いつまでも満足できず、足りないと思って次々にモノが欲しくなってしまう、ということが書かれています。

服を買う前に想像できるのは、服を買って初めて着た時のときめきだけ。

5回目や7回目、一冬越した後に袖を通す時のことは想像できない。

着られて嬉しい→慣れ→当たり前→飽きる

というサイクルがある、ということ。

 

このことを知っているのと知らないのとでは、モノを買う前の気持ちの整理具合が全然違います。

モノを買いたい!どうしよう!と思ってる時って、ドーパミン的な興奮物質が出てるのか、気持ちが高揚しています。

その時に冷静に、

「でもいつか飽きる日は来るからね」と思い、それでも迎え入れたいかを考えてから、モノの購入を決めたいと思います。

 

 

2.「かつて」という執着を捨てる

これまで断捨離をすすめてきて、「いつか使うかも」といういつかはどうやらやってこないらしい、ということは分かってきて、

「いつかグッズ」は捨てられるようになってきましたが、

過去に自分を喜ばせてくれた思い出の「かつてグッズ」には、手をつけられずにいました。

今住んでいる家の断捨離は9割がた済んだと思うのですが、

実家の押し入れや本棚なんかは「かつて」の塊になっています。

実家は全くの手つかず!!!ということ。

もう住んでない訳だし、自分のモノは整理したい。

次に実家に帰ったら大断捨離したいと思います。

 

3.ネット経由でレンタルできるものはレンタルする

本によると、ネット経由でスキャナをレンタルできるらしいです。

知らなかったー。なんて便利な時代…。

年に一回、スキャナをレンタルして、紙の本の自炊(PDF化)大会をしては?と本に書いてあるのですが、

それ、ぜひやりたいです。

本棚を3つとその中身を捨てましたが、まだ結構な数残っている本たち。

PDF化して電子書籍化すれば随分とスペースが空きます。

紙ベースで残したい本以外は自炊したい。

紙ベースで残したい本…萩尾望都関連本、安野モヨコの美人画報、市川春子の漫画、昨日なに食べた?あたりでしょうか。あとは電子で構いません。

 

4.視覚にうるさいものは捨てる

漂白剤や掃除用品は派手な色が多い。

毒のある生物は派手な色が多く「緊張せよ」というメッセージを発しているといいます。

 

確かに、派手な色のものが視界にはいると心のどこかで意識してしまいます。

最近、視界に赤いものが入るとモヤモヤするなあ、と感じていました。

赤いタオル、洗濯カゴ…主張が激しくてドキっとします。

もともとは原色好きだったのに。

モノを減らしていく中で残ったものが、木質系・白・ベージュ・紺・水色ばかりになったから、赤が目立つようになってきたんですね。

生活用品を、落ち着く色のものに変えたいです。

 

5.タダだからという理由でもらわない

これは本当に激しく同意です。

これにはまって、随分苦しめられてきました(大げさ)

モノは持ってるだけで維持・管理が必要です。

タダのものは全然タダじゃない、と佐々木さんも述べてますがその通りですね。

今はどんなに心踊っても、「モノはひとつ入れたらひとつ捨てるんだよ?何かを捨ててまで本当に必要?」と自分に問いかけるようにしています。

 

6.ミニマリズムは「手段」であり「目的」ではない

大事なものにフォーカスするために、モノを減らして管理のエネルギーやコストを、大事なもののために注ぐ、

そのためにあるのがミニマリズム(少ないモノで暮らす)です。

ミニマリズム=モノを減らすことを目的と混同してしまうと、達成した後に待っているのは虚無感だと、本にあります。

 

先日のほぼ日の取材の際に初めて意識しましたが、

 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

断捨離はいつか終わる。その先に何をしたいのか?がとても大事だということですね。

今の段階では、モノを減らして家事をさっさと終わらせることで夫とのゆったりした時間を持ちたい、家事のことで喧嘩したくない、そういう目的でミニマリズムを取り入れています。

残り1割の断捨離が済んだらもう少し時間とエネルギーが自由になるかと思うので、空いた時間を新たな好きなことに注ぎたいな。

いまやりたいことは…ヨガに時間をとるとか、絵画教室に通いたいなーなどと考えています。(ずっと通ってみたかった)

 

7.モノが発する「沈黙のTO DO リスト」に圧倒されて、「本来のTO DO リスト」にとりかかれない

置かれたモノ、とりわけ、大事に扱われていないモノはメッセージを発している。

シーツ「洗濯して!」本「読んで!」モノ「埃をはらって!」モノ「片付けて!!!」

沈黙のTO DOリストに追われて、本来とりかかりたいものに時間を割けない。

 

かつての私は、もう完全にコレでエネルギーを奪われていました。

モノを持ちすぎると、生きるエネルギー、新しいことをやるエネルギーが奪われていくなと感じました。

休みの日も、やりたいことがありながら(図書館に行きたい)、沈黙のTO DOリスト(洗濯、掃き掃除、トイレ掃除、廊下の埃・・・家のメンテナンスの家事たち)に圧倒されて、

「本来のTO DOリストをこなしたい…」

「でもその前に沈黙のTO DOリストをこなさなければ…」

「うう…(現実逃避)」スマホを眺めたり、本を読んだり、気づけばうたた寝していて夕方に…図書館にも行けず、自己嫌悪。

そんな日々を過ごしていました。

 

モノが減って、管理も掃除も時間・手間が半減しました。

家事に取り組むハードルが下がったから気軽にさっと掃除もできるし、

さっさと沈黙のTO DOリストはこなせるので、本来のTO DOリストに取りかかれます。

今の家に引っ越して少ないものと狭い部屋に暮らすようになって、

本当に心が健康になったなと思います。

今後も沈黙のTO DOリストをさっさとこなせるようなモノの数・配置を保っていきたいと思います。

 

面白いなーと思った記事。ミニマリストは痩せている

何度となく「モノが必要か」と問いかけてきた結果、自分の欲望をはっきりと認識してコントロールできるようになっている、と佐々木さんは主張しています。

確かにその通りかも。

最近は自分の食べたいものがはっきりと分かる、という現象に驚いていたのですが、こういうことかもしれません。

私は断捨離を始める前と今とで体重は変わっていないのですが、

自分の食欲・満腹かどうか・日々使うエネルギーとそれに対する適正な食物の量が把握できてるのでしょう。

 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

シンプルライフを目指してこれからモノを捨てたい!という人には、断捨離方法を学ぶ教科書として、

すでに断捨離を終えたミニマリストは、モノを捨てて起こった自分の変化と照らし合せて読んでみると、いろいろなことが考察してあって面白いのではないでしょうか。

断捨離本って、読んでるそばからゴミ袋を持って部屋を徘徊したくなりますよね。

手元に2冊あるので、1冊は身近な人に譲ろうと思います。

 

 

 

断捨離にまつわるお話が集まるコミュニティ

持たない暮らし・ブログテーマ

断捨離でゆとり生活・ブログテーマ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし・ブログテーマ

捨てる。・ブログテーマ

少ない服で着回す・ブログテーマ

ミニマリストの持ち物・ブログテーマ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↑ブログランキングに参加中。

ポチッと応援していただけると励みになります。

 

instagramでほぼ日絵日記更新中。

Instagram

follow us in feedly