ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

シェアオフィスに行ってみた!リピート決定、作業に集中できて人とゆるく繋がれる。

https://instagram.com/p/4oeusTpHQB/

先日、初めてシェアオフィスというものに行ってみました。

1日会員¥800。

シェアオフィスというものにずーっと行ってみたかったのです。

 

何をしたかと言うと、ブログ記事を数本書きました。

喫茶店と違って、わいわい話している人がいないので、ものすごく集中できました。

wifiフリー、電源あり、平日昼間に行ったので人は自分含めて3人という少なさ。

静かで集中できて、シェアオフィスにいる方とお話ししたり繋がりもできたりで、

充実した時間が過ごせました。

自宅もファミレスも集中できない

自宅で集中を保つのって難しいですね。

休みの日に一人だと、静かで集中できそうなものですが、ソファや布団が誘惑してくるので、すぐに寝てしまいます。

寝てばかりいると頭痛がしてくるので、休みの日も適度に活動した方が元気でいられるし、休みの日も気軽に活動できる場所を探していました。

今思えば、高校入試とか大学入試とか、よく自宅メインで勉強できていたなーと思いますね。

 

また、うるさくても嫌だし、マクドとかファミレスも集中できません。

図書館もいいのですが、近隣の図書館はwifiフリーじゃないのが惜しいところ。

 

シェアオフィスのいいところその1、ものすごく集中できる

macbookを持ち込んでブログと絵日記でも書こうと思ったのですが、

ブログを書く方の作業が進む進む。

いつものんびりぼんやり一日1記事くらいしかブログを書けないのが、

1日で4本もブログ記事書けました。ものすごい集中できました。

適度に人の気配があるところで、文章を書くって思いの外相性の良い作業のようです。

 

反対に絵日記を描くのは、気が散ってできませんでした。

自分とその家族だけがいる空間で、完全に自分の世界に入って描く方が捗るようです。

川沿いのシェアオフィスで、通りすがりの人にガラス越しに見られるので、

見られると気恥ずかしくて絵を隠したくなります。

 

 

 

シェアオフィスのいいところその2、人とのつながり

そのシェアオフィスを立ち上げて運営している方2名がいて、

コーヒーをいただきながら、オフィス立ち上げについて話を聞かせてもらったり、

自分が何をしているのか話を聞いてもらったり、おもしろかったです。

 

こういう環境で、プロジェクト毎にチームをつくって協働する

「ルパン三世方式」のような働き方が生まれるのでしょうね。

 

私は、一人でコツコツ何かをやるのもまあまあ好きだけど、

似た価値観の人 数人で集まって、わいわい言い合いながら企んで何かをやるのが最も好きです。

ドーパミンがドバドバ出ます。あの時間が好き。

 

学生時代に与えられていた「製図室」ああいう環境で作業をしたい

大学時代、わたしの学科には「製図室」という部屋が与えられていて、

40人近い人間がそこで課題に取り組んで、時には寝泊まりしていたのですが、

友人たちと企んでいると、

真夜中に訪れる「ドーパミン放出タイム」があって、それがとても楽しかったのでした。

ああいう、一緒に企んでくれる人と出会えたらいいな、またそんな風にして誰かと一緒に何かを作りたいなーという夢があるので、

人とゆるーく繋がれるシェアオフィスってすごくいいなと思いました。

 

集中するための場所として気軽に使える

わたしのような、仕事ってほどでもない作業(絵日記とブログ記事作成)でも気軽に使えることがわかりました。

「集中して作業をしたい」という理由で場所を借りるなら、

喫茶店で同じ値段出してコーヒーセット頼むよりも断然集中できていいなと思いました。

リピート決定、今後もどんどん使っていきたいです。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↑ブログランキングに参加中。

ポチッと応援していただけると励みになります。

 

instagramでほぼ日絵日記更新中。

Instagram

follow us in feedly