ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

ミニマルな空間に身を置きたい。鈴木大拙館で「何もしない」をする

ミニマリスト・シンプルライフ・持たない暮らし ほぼ日手帳 絵日記 旅行

先日、夫と夫の友人と3人で、

金沢にある鈴木大拙館に行きました。

f:id:mount-hayashi:20150821003755j:plain

鈴木大拙は、金沢が生んだ哲学者。

1870年11月11日明治3年10月18日) - 1966年(昭和41年)7月12日)は、についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者文学博士)である。著書約100冊の内23冊が、英文で書かれている。梅原猛曰く、「近代日本最大の仏教者」。 

   wikipediaより

ものを持たない暮らしをするようになって、禅的なものに惹かれるようになりました。

元appleCEOのスティーブ・ジョブズも禅に傾倒していたとか。

 

ミニマルな空間に身を置きたい、と思いこの度金沢まで足を運びました。

 

www.kanazawa-museum.jp

建築は、「玄関棟」「展示棟」「思索空間棟」を回廊で結ぶとともに、「玄関の庭」「水鏡の庭」「露地の庭」によって構成されています。 

 谷口吉生設計。この思索空間棟は四角い箱に4つ開口があって、それぞれから庭を眺めることができます。

部屋にはコの字上に、畳のベンチが配置してあり、そこに座ってぼんやりすることができます。

f:id:mount-hayashi:20150820232431j:plain

建物には無駄な装飾がなく、ただただシンプルで、

開口部からは、庭の水盤の水面と植えられた植物の緑と、水面に映ったシンプルな石の壁が見えるだけ。

夫が「MacBookみたいな建物だね」と言っていました。

f:id:mount-hayashi:20150820232341j:plain

 

スポンサーリンク

 

来訪者のほとんどが外国人で、みんな静かにその空間に佇んでいました。

わたしもそこに混じって、ただ座ってぼうっと外を眺めていました。

f:id:mount-hayashi:20150820232402j:plain

水盤に光があたってゆらゆら揺れて、その反射した光が部屋の天井に影を作りゆらゆら・・・

ただ黙って外を眺めたり、天井の水面の影を眺めたり。

何を考えるでもなく、ただぼうっとする。

こういう時間って普段はなかなか作れないもので、ぼうっとし終わった後には妙に頭がシャキッとしていたりして。

「何もしない」をするのに最適な場所でした。

また何度でも来たい、そう思いました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↑ブログランキングに参加中。

ポチッと応援していただけると励みになります。

instagramでほぼ日絵日記更新中。

Instagram

follow us in feedly