ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

捨ててよかったものNo.1…それはダブルベッド

今の家に引っ越してきてから初めての冬です。

去年の今頃は、ちょうど引っ越しに向けて何を捨てるか悩んでいた頃でした。

手放してよかったな、生活しやすくなったな、と思うものを振り返ってみました。

https://www.instagram.com/p/BAttuwopHd0/

捨ててよかったものNo.1 …それはダブルベッド。

捨ててよかったものNo.1…ダブルベッド

無印の組み立て式タモ材ダブルベッドを使っていました。

f:id:mount-hayashi:20160119174601j:plain

タモ材ベッド・ダブル 幅146×奥行207.5×高さ82cm | 無印良品ネットストア

 

まず、そもそもなのですが「ダブルサイズ」を買うべきではなかったなと思います。

折り返しのある階段ではほぼ入らないサイズ感。

組み立て式でも、その組み立てが超絶面倒。

引っ越すことが億劫になるくらいに面倒なものは所持すべきでないなと。

扱いやすいサイズ感の家具だけ持ちたいな…なので、もし今後ベッドを持つとしても、シングルサイズ×人数分 にすると思います。

 

ズボラには身にあまるアイテム

ベッドというものは、こまめにマットレスを立てかけて風を通す必要があります。

しかし、忙しい朝にそんなことをする暇を作れず、毎日立てかけたりできませんでした。

毎日やらない作業は頭からすっぽりと抜け落ちたかのごとく忘れてしまいます。

ハッと気づいて数ヶ月ぶりにマットを立てかけてみると、

そこにはびっしりとカビが・・・

ベッドのすのこ部分には黒カビが、マットレスにはオレンジのカビが繁殖していました。

ハイターを薄めた液で拭いたりアルコールで拭いたりしましたが、完全に消えることはありません。

 

しかしマットレスって高いしそうそう買い換えられず、そもそも今後もベッドって使うのか?などと考えるとますます買いそびれてしまい・・・

 

毎日、カビだらけのマットレスの上で寝ていました。

これってとてもストレスで、ふと「あ、今カビの上で寝てるのか・・・」と思うと心が休まりません。

 

こまめにお手入れのできないわたしのようなズボラは、

手にしてはいけない家具だったのだと気付きました。

 

スポンサーリンク

 

ベッドの下はホコリだらけ

2〜3日に一回ベッドの下にクイックルワイパーをかけると、

ホコリだらけ・・・

かがんでクイックルをかけると、体がホコリのある床に近づくのがまた嫌で。

ベッドがあるから下の空間ができる。

脚のある家具は、掃除しやすい形状でない限りホコリとダニの温床だ・・・

こまめに掃除のできない当時の自分には所持できないアイテムでした。

 

無印のタモ材のベッド自体は、シンプルなデザインで、簡単な工具だけで組み立てができる良い商品だと思っています。

ただ、それを所持するのは身の丈に合っていなかったようです。

 

引っ越しを機会に大型ゴミ(500円)で処分

新居に持っていくか悩んだけれど、やっぱり手放すことに決めました。

数万円かけて買ったものが、500円で処分されていく・・・

でもベッドみたいなかさばるものは、売ろうと思っても譲ろうと思っても送料がすごいことになるからね、しょうがない。

 

手放した時の開放感はとてつもなく大きかったです。

「ああ、もうカビまみれのマットレスで寝なくていい」

「マットレスを立てかける心配もない」と。

 

引っ越したその日から、布団生活になったのですが、

それから毎日欠かさず布団をたたむことができています。笑

軽くて扱いが楽なのでさっとたためて、

なおかつ毎日やることなので、ちゃんと習慣になりました。

 

今の自分たちには布団が丁度いい。

 

振り返ってみて、本当に手放してよかったなと思います。

ベッドのメンテナンスから解放されて、気楽になりました。 

 

断捨離してよかったもの、みなさん何かありますか?とても興味があります。

そんな記事が読めるトラコミュ 4選

捨てる。

断捨離でゆとり生活

持たない暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし