ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

今読みたい本3冊 &『ミニマリストという生き方』に掲載されました。

今読みたい本3冊。

https://www.instagram.com/p/BBzbrR_JHdv/

これから読みたい本3冊。

 

先日、KADOKAWAさんから3月末に新刊が出ると報告しましたが、

この本の原稿の区切りがつくまで禁欲的生活をしておりました。

読書もしなければ映画も観ない。読みたい漫画はKindleにダウンロードするだけして手をつけない・・・。

先日、原稿がひと段落ついたので、まずは読書したい。 

『ミニマリストという生き方』にインタビューが掲載されます

辰巳渚さんの著書にインタビューが掲載されました。

ミニマリストという生き方

表紙の左上の写真、我が家です。

 

辰巳さんは、「捨てる!」技術 (宝島社新書)という大ベストセラーを出しておられます。

 

辰巳さんが我が家にお越しくださってお話ししました。

辰巳さんとお話しすると自分の頭の中がクリアに見えていく感覚があるというか、

初めてその事柄について考えた、なるほど自分はこんなこと考えてたんだな、と自分というものを少し知ることができた気がしました。

お話しできてよかったなぁ。

わたしのインタビューと部屋の写真が掲載されています。

これから読みます。ドキドキ。

《書籍掲載》辰巳渚さん・ミニマリストという生き方で紹介されます - よりどりみどり

みどりさんも掲載されています。

トニー滝谷が好きだ 

それから、村上春樹のこれ。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 

先日、レキシントンの幽霊を読んだのだけど、「ああ、いいなぁ」と思った。

その中の「トニー滝谷」が特に好きで、

買い物依存症の奥さんの遺品である服を捨てられずにいた主人公の物語なのですが、繰り返し読みました。

映画化もされてます。5年くらい前に観たっきりだから、もう一度観たい。

それで、「そういえば、『色彩を持たない〜』をまだ読んでなかったな」と思いまして。夫の父に借りました。

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]

 

カフェで途中まで読んだ松浦弥太郎さんの本の続きを知りたい 

さよならは小さい声で (PHP文庫)

以前、呑んだ後に京都のコチという夜まで開いてるカフェにふらりと立ち寄りました。

そこで松浦弥太郎さんの本を読んだら、呑んだ後ということもあってふわふわ心地よくて松浦さんのやさしい詩的な言葉がすーっと染み込んできました。

また呑んだ後にコーヒーでも飲みながら松浦さんの本をじっくり読みたいなと思っていたので購入。

読むのが楽しみ。

  

持たない暮らし・ブログテーマ

シンプルで豊かな暮らし・ブログテーマ