ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

《1日ひとつ断捨離》知らぬ間に傷んでいた木のスプーンと箸。

インテリア インテリア-キッチン 暮らし 暮らし-家事 断捨離 ミニマリスト・シンプルライフ・持たない暮らし

木のスプーンが好きです。

スープを飲むために口の中に含んだ時、あたたかくて、

金属で飲むよりもほっとする。

木のスプーンで飲むだけで、いつもより美味しく感じられる気がする。

 

今日はキッチン収納の整理をしよう!と思い立ち、

木のカトラリー類を点検しました。

じっくり先端を見てみると、知らぬ間に随分傷んでいました。

https://www.instagram.com/p/BC7RlNAJHX2/

今日手放したモノ。知らぬ間に随分痛んでいた木のカトラリーと箸たち。instagram@ofumi_3

木のカトラリーは傷むモノなのだと気付く 

よくよく見てみると、スプーンの先端はコンマ数mm欠けているところが見られて、

ウレタン塗装が少しハゲていました。

 

このスプーンを使い始めたのは2013年くらい・・・

ということは2年半くらい使った計算になります。

同時期に結婚祝いでいただいた金属のスプーン類は、傷はついても致命的なものではなくまだまだ使えるので、

木はどうしても傷むものなのだな・・・と今更ながら気付きました。

 

今後は買い換えずに金属に一本化する、という選択肢もあると思いますが、

やっぱり木のあたたかみは捨てがたい。

スプーンを口に入れて運ぶメニュー・・・スープ用とヨーグルト用のみ木という素材を使うことにして、買い換えます。

木のカトラリーは1年に一回、傷みがないかチェックするようにしようと思います。

自作の箸が反っていた

そして、カトラリーケースの底に埋もれていたお箸は自作したもの。

これは反っていました。がーん。

 

友達と一緒に、鉋で削って数時間かけて作ったお箸だったのでショックでした。

割れるの覚悟で反りを直す作戦もあるかと思いますが、若干カビていました。

オイル塗装なのに、こまめにオイルを塗ってあげなかったからです。

管理しきれなかったことが悲しいけれど、それが今の自分が管理できる/できないの許容量を表していると思いました。

 

以前の自分だったら、

「自分で作ったものだしなぁ・・・手放しがたい。使えないけど記念に取っておこうか」と判断しただろうなぁと思います。

自作したものは作った時の思い出もあって、買ったものよりもさらに手放しがたい。

 

それでも、使えないモノを持っていてもしょうがない。

使えないなら使えないなりに、いっそ部屋に飾って鑑賞するならまだいい。

箱に入れて引き出しの奥にしまって、数ヶ月に一度取り出して鑑賞するのならまだいい。

でも、このままだとカトラリーケースの底に埋もれるだけ。

使わない上に鑑賞用としても使わないのであれば手放そう、と決めました。

ごめんね、箸。

 

お箸は毎日使うもの。

オイル塗装だとこまめなメンテナンスが必要なので、

自分の持ち物管理許容量から考えると、ウレタン塗装か漆など、塗膜を作るものを持つべきだという結論に至りました。

 

持てる範囲の数、管理できる範囲のモノだけ持つようにしよう。

と反省しました。

 

捨てる。・ブログテーマ

持たない暮らし・ブログテーマ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし・ブログテーマ