ミニマリスト日和

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

ワードローブカードで「買う服の傾向」「自分だけの定番」を探る

ファッション ファッション-私服の制服化 ミニマリスト・シンプルライフ・持たない暮らし お知らせ(書籍出版・メディア掲載)

ワードローブカードで服の管理。コーディネートを考えやすくなる。

ワードローブカードを作成中。

手持ちの写真を撮影して保存。

データで管理して、コーディネートを組む時にはIllustrator上で写真を貼っつけて組み合わせを試してみるつもりです。

https://www.instagram.com/p/BDK0Mw8pHSj/

ワードローブカードを作成中。instagram@ofumi_3

 

参考にさせていただいたのは、Instagramでフォローしているナツヲさんの投稿。

iconosquare.com

ナツヲさんは紙にプリントアウトしていて、それがとってもかわいくて。

カードを重ね合わせてコーディネートを組み合わせる様子が目に浮かんで、「なんて楽しそうなの」と。

しかしズボラなわたしは、多分一回目はプリントできても、

ちょこちょこ買って追加した服はプリントまでできないなと思ったので、

データで管理することにしました。

 

持っている服をいっぺんに見られるのがいいのでしょうね。

眺めているだけで、「あ、この服とこの服を合わせたことなかったけど、合いそうだな。組み合わせてみようー」

という気づきがあるので、コーディネートを考えやすくなりますね。

 

ワードローブカードを眺めていると、自分の買う服の傾向が見えてくる

画像を眺めているだけでも、「あ、ニット類グレーばっかり」「ボトムの色、次買うならグレー系だな」「靴下は色味を足してもいいかも」と、

自分の買う服の傾向が見えてきて面白いです。

 

例えば、わたしの所持しているボトムってダーク系のゆとりのあるサイズ感のものばかりです。

スキニージーンズとかないんですよね。

なぜなら、そういうものはお尻と太もものたるみが強調されることと、食後にお腹が苦しくなることで結局着なくなってしまい、手放しているから。

定番を押さえるならクローゼットにジーンズがないのって異色だろうなと思います。

でも今後も持たない。

立ったりしゃがんだりが多い生活の中で、「お腹周りにゆとりがあること」の重要性を感じているので、

もし今後お尻が痩せてもぴたっとしたジーンズは履かないだろうと思います。

世間の定番と自分の定番は重なる部分もあれば、重ならない部分もある。

自分だけの定番を見つけること

エリサさんのツイート、しみじみそうだなと思います。

世の定番の全てが自分に合う訳ではない。

自分の体型、体のパーツの強みと弱み、好きなテイストによって、

着たいと思う服は異なります。

 

前々から思っていたのですが、

他人のワードローブをそのまま参考にすることって難しいと思うんですね。

自分が服の断捨離を始めた時に、ミニマリストブロガーさんの記事を参考にさせていただいてましたが、

自分にそのまま当てはめて取り入れることはできないんだなぁと感じていました。

 

それは、人それぞれ体型も好みも違うから。

だけど、その服を持つことにした理由は参考になると思っています。

「自分はこんな骨格だからこの服を残した」「この色のバッグを残したのは他の服の色との兼ね合いで合わせやすいから」という、

服や小物を選ぶものさしをそれぞれ持っていると思うのですが、それを学ぶことで自分の服選びに活かせるなと。

そうして選んだものの中で、

傷んだら同じものを買い替えてアップデートしたいと思えるものが「自分だけの定番」だと思います。

そんな自分だけの定番を見つけている最中です。それは結構楽しい時間。

 

理想は自分の定番服10着+季節の流行アイテムを2〜3アイテム足して、

1シーズン2〜3パターンの制服を作ってまわしていくことです。

 

1シーズンで使い切るつもりで流行アイテムも着たいので、

私服の制服化は毎年毎シーズン、固定されることなく考える必要があります。

季節の変わり目の度にどんな制服にしよう?と悩むけど、これがワクワクする時間になっています。

楽しんで私服の制服化をすすめていきたいな。

 

服を減らせば、おしゃれになる の一章では、そんな気持ちで、自分だけの定番服について紹介しています。

f:id:mount-hayashi:20160320185258j:plain

書店で見かけたらどうぞよろしくお願いします…^ ^

 

当ブログの関連記事

▶︎「私服の制服化」 の記事一覧 - ミニマリスト日和

少ない服でもおしゃれできる。そんな暮らしを実践している方々のブログ

▶︎少ない服で着回す・ブログテーマ

▶︎ミニマリストの持ち物・ブログテーマ