ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

背筋を伸ばせば人生が変わるんじゃないか?『ヨガとシンプルライフ』を読むと心と体を大事にしたくなる。

背筋を伸ばせば人生が変わるんじゃないか?と思った

ブログ「ヨガとシンプルライフ」のみうさんのご著書『ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)』を読みました。

 

読み進めると自然と背筋が伸びる、そんな本でした。

ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)

姿勢を伸ばせ、天使が微笑むように 

雑巾がけの姿勢は、骨盤や股関節を元気にして腰痛を予防し、肩甲骨を動かして肩こりを解消してくれます。腹筋背筋を鍛えることもでき、まさに全身運動です。

 

運動と掃除が一緒にできると思えば、やる気もでます。

 

掃除ひとつとっても体の動きを意識してるんだ。

もし、定点カメラがみうさん宅にあったなら、一日中姿勢が良くてシャッキリしているのだろう。見る人にとっても美しい。

 

何も考えずに崩れた姿勢をとって日々暮らしているわたし。

同じくもし定点カメラがあったなら、すごく見苦しくない?

 

定点カメラは神様の視点。

「部屋を清めよ、天使が立ち寄れるように」

という言葉を信じて掃除をしているけれど、

天使が見かけたときに姿勢のいい人間でありたい。

 

「姿勢を伸ばせ、天使が微笑むように」

という造語を勝手に作って信じてみよう、と思ったのでした。

掃除をし始めたら人生が動き出したように、

背筋を伸ばして、日々の生活で体の動きを意識すれば、また何か人生が変わるんじゃないかと思った。

 

引き算するおしゃれに必要なもの

みうさんは出席した結婚式で気になった女性がいたそうな。

 

アクセサリー類を一切つけず、髪の毛も下ろしたままで少しカールしている程度。

シンプルなネイビーのワンピースに、小さなクラッチバッグを1つ持っただけのスタイルでした。

周りが飾り立てている中、彼女の装いはシンプルなのにとても美しく、華があった。

シンプルなのに美しい。

その理由を、みうさんはこう分析しています。

下ろした髪の毛にはツヤがあり美しく、手足にはほどよく筋肉がついていて健康的。

何より、姿勢や座り方もきれいで、しぐさも丁寧だったのです。

自分の体に意識が行き渡っているからこそ、引き算のおしゃれができる。

 

この一文を読んで、雷に打たれました。笑

あ、そうか。引き算のおしゃれも、本人の姿勢が悪ければおじゃんだ。

 

これまでの自分を振り返ってみると、

「自分は猫背だから」と開き直って、美しいとは言えない姿勢で暮らしてきました。

職場では椅子に座っている時も立っている時も、気付いたら姿勢を正すようにしていたけれど、家に帰ってきたらぐでーんとしてしまって。

普段こうなのだから、外でもやっぱり意識が抜けると姿勢はぐでーん。

 

「自分は猫背だから(これでいいの。しょうがないの。)」ではなくて、

「自分は猫背だから(姿勢を正すように気をつけよう。)

に意識を変えよう。

多分、日々のどんな姿勢で過ごすかによって、健康寿命も変わってくるんじゃないかな?そんな気がした。

 

ああ、読めば読むほど姿勢がシャッキリしてきました。笑

素晴らしい効果のある本です。

 

呼吸を意識する

ああ、この本をいますぐ夫に勧めたい。

少し前に、仕事が立て込んで体調を崩していた夫。

ストレスがたまると、「頭が痛い、胸が苦しい」と言っていました。

きっと、そのときにはうまく呼吸できていなかったんじゃないかな。

吐いて吸って、深呼吸するだけでも少しは体が楽になったんじゃないかな。

 

自分が今、どういう呼吸をしているか、どういう状態なのかを知ることが、ヨガの第一ステップ。

焦ったり、怒ったり、悲しんでいたり・・・そんな時の呼吸は早く、浅く、止めてしまっている時すらあります。そのことに気づくこと。

 

とあります。

自分も焦っている時、こんな呼吸をしていると思う。

あらゆる締め切りの前、わたしはいつも体調を崩していました。

お腹を下す、眠りが浅い、夜明けに目覚めて「あれとあれをやらなきゃ・・・」と考えてうまく眠れない、生理が遅れる。

たぶん、たぶんだけど呼吸はすごーく浅かったと思う。

姿勢も猫背で胸が狭くなって肩も凝って・・・

ストレスに立ち向かうには、自分の体をいい状態に整えることが一番効果があるんじゃないかと思った。

その締め切りからは逃げられないし逃げたくない。乗り越えたい。

だから身に付けたい、自分の体をコントロールする調律法。

胸を開いて呼吸する、そこに意識を持ってきて、日々の締め切りを乗り越えたいと思ったのでした。

 

ヨガは中庸に戻す。体重も。

わたしはここ4年ほど、健康診断のたびに痩せすぎの診断が出ていました。

それが、今年の診断では5kg体重が増えていたのです。

暴飲暴食をしていたわけでもない。

食べる量は同じ、変わったことは毎朝ほんの数分でもヨガをするようになったこと、あとは大きなストレスから解放されたこと、日々不満なく仕事できるようになったこと。

なのになぜこんなに体重が増えたのだろう?と疑問に思っていました。

そんな中、この本の一文に出会って目からウロコが。

ヨガは中庸に戻すという考え方をするので、

太りすぎている人はやせるし、やせすぎている人は太ることも。

私はすぐやせてしまう体質だったのですが、ヨガをしたら5kg増やすことができました。

 

もしかして、わたしが5kg太ったのも、痩せすぎていたのがほどよい体重になったということ?

健康診断でもお医者さんに

「体重増えたね。けどこれでいいんだよ。」と言われました。

 

太ったのではなくて、適正な体重になった。

そう思うと、同じ数値が違った意味を持って見えてきた。

ああ、中庸ってそういうことなのか。

振り切れすぎず、程よいところでバランスをとる。

中庸という言葉の意味を、実感を持って知った初めての出来事でした。

自分の生活を大事にすること

おわりに、の文章を目にしてうるっとしました。

「ヨガとシンプルライフ」というブログは、母からの「あなたはあなたの生活を大事にしなさい」という一言から始まりました。

母の一言で始めたこのブログがこうやって1冊の本になったということ。不思議な縁を感じずにはいられません。

みうさんのお母様の一言でブログが始まって、

みうさんがインターネットという公の場でコツコツと発信を続けてくれたからこそ、

わたしもみうさんに出会うことができたんだな、と思うと感慨深いです。

文章を書くことで辛い時期を乗り越え、癒され、歩を進め、人とつながっていったみうさん。文章を書くこと、発信することは人生を変える。確実に。そのことを強く思った。

 

みうさんに出会わせてくれてありがとう。

と、天国にいるみうさんのお母様に手を合わせました。

 

この本を読み終えた時、「この本を読んだことは、自分にとってひとつの人生の転換点になる」と思った。

指先、呼吸、体の隅々まで意識して生きるという方法を知った。

ストレスフルな状況でも、自分の心と体の整え方を知っているだけで体調は大きく変わるだろうな。

日々ずいぶん暮らしやすくなるんじゃないかと思った。

姿勢を正すことを始めた自分と、それをしなかった自分がいたとして、

50年後の自分の状況は大きく変わっているんじゃないかな。

姿勢と顔つきが変われば、周囲の人への影響は大きい。出会う人生の出来事も変わってくる気がしている。

 

本気で姿勢を正そうと思った、そんな大事な一冊。

ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)

ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)

 

 

 

==シンプルライフと美容と健康と。参考にしているトラコミュ3選==

▶︎ヨガ(ヨーガ

▶︎シンプル・ミニマルライフの美容と健康

▶︎シンプルライフ

 

==少ない服でもおしゃれできる。ブログテーマ3選==

▶︎少ない服で着回す

▶︎ミニマリストの持ち物

▶︎断捨離シンプル&ミニマムな暮らし