ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

多拠点居住も夢じゃない?無印の提案する小屋「MUJI HUT」が気になる。

今気になるもの。

MUJI HUT

https://www.instagram.com/p/BKJ01IEBcsO/

今気になるもの。#MUJIHUT instagram@ofumi_3

 

MUJI HUTとは?

無印の提案する小屋で、

まだ発売になっていないのですが、とても気になっています。

昨年秋に六本木ミッドタウンでお披露目された小屋は3種類。

コルクの小屋はジャスパー・モリソン氏、

アルミの小屋はコンスタンチン・グルチッチ氏、

木の小屋は深澤直人氏がデザイン。

 

コルクの家は4人家族を想定した35㎡、

アルミの小屋は10㎡以下という一人で過ごす小屋、

木の小屋は2人利用を想定した25㎡とのこと。

 

夫婦二人の我が家は25㎡あれば暮らしていけそう

ベッドもソファも座卓もテレビも手放した今、

我が家の家財道具は、冷蔵庫と洗濯機を除けばSUVの車の後部座席に収まるくらいだと思います。

この小屋は別荘として使うことを想定しているからコンパクトなのだと思うのですが、

私たち夫婦の場合は、普段暮らす家としてこのサイズの小屋で生きていけそうだと思います。

 

MUJI HUTの分譲地ができるらしい!

この小屋で泊まってみたいな。

宿泊施設ができたりしないかな。

 

なんて言っていたら、フォロワーさんに教えていただいたのですが、

千葉県のシラハマ校舎にMUJI HUTの分譲地ができる予定らしいです!

 

「この秋には、千葉県房総半島の南端、白浜町で廃校になった小学校のグラウンドに無印良品が手掛ける小屋『MUJI HUT』の分譲地ができる予定。小屋の分譲は日本初です」

廃校になった旧長尾小学校の敷地は3000坪あり、6棟構成の校舎が約1000坪を占め、残り約2000坪が校庭である。校舎はシェアオフィスやカフェにリノベーションされ、校庭に無印良品が手掛ける小屋を順次建設。

最終的に23棟設置されるというのが「シラハマ校舎」の全体計画だ。

 シェアオフィスやカフェもできるんだ。おもしろそう。

小屋の敷地は1区画80m2~90m2、小屋の広さは10m2~20m2を予定。

週末の宿泊小屋として活用される予定で、校舎のトイレやシャワーが利用でき、庭では家庭菜園やガーデニングが楽しめる。

購入者は土地の賃貸料や管理費として月1万5000円~2万円がかかる。

「無印良品の小屋のコンセプトはキャンプ以上別荘未満。

10m2~20m2の規模で土地は賃貸ですから価格も安く購入でき、二地域居住を手軽にスタートできると思います」 

suumo.jp

 

気軽に多拠点居住を始められるよ、ということなんですね。

購入費用がどれくらいになるのかにもよりますが、

平日は都心で働いて、週末は千葉の自然の中で過ごすという2拠点居住も夢じゃないですよね。

ただ多拠点居住って夫婦の休みの日が揃ってないと難しいよね。

 

いいな。泊まってみたいな。

気になる存在MUJI HUT。

 

==やっぱり無印が好き。トラコミュ3選==

* 無印良品( MUJI )との生活 *
無印良品(MUJI)情報

やっぱり好き MUJI 無印良品

 

 

 

==持たない暮らしを実践・トラコミュ3選==

▶︎ミニマリストの持ち物

▶︎持たない暮らし

▶︎断捨離シンプル&ミニマムな暮らし