ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

『ミニマリストの部屋づくり』の目次公開。スッキリとほっこりの両立を目指す。

9/28にエクスナレッジさんより発売される新刊『ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

 

目次はこんな内容になっています。

 

『ミニマリストの部屋づくり』目次

CHAPTER1:後悔しない モノの手放し方・選び方

あなたはコツコツ少しづつ手放したい派ですか?それとも一気に手放したい派ですか?

性格に合わせた手放し方のアイデアについて書いています。

どちらの方法も実際に試してみました。

「一気に手放す」方法では、本棚の中身を整理するつもりが、本棚自体を手放すことになるほど減らすことができました。

 

他にもアイテムごとに手放すことを決めているそのタイミングや、

持つと決めている個数について。

逆にこういうものは手放さずに手元に置いています、というお話も書いています。

 

CHAPTER2:常識より「正直」に  ミニマリストの収納術

この章では、エリアごとの収納をお見せしています。

 

「減らす作業さえ終えれば、収納は頑張る必要なし」

自分の管理しきれる量まで減らしたら、あとはもの一つ一つに住所を与える。(住所を忘れてしまうなら地図をつくる。)

そうすれば、散らかっても片付けるのは一瞬の作業。しかも何も考えずに手を動かしていくだけでいいので、片付けをスタートする時にも気が楽です。

 

ものが多かった時代には、リビングに本棚一つと両開きの棚が一つ、テレビボードが一つあり、

部屋の壁が収納家具で埋め尽くされていました。

今では押し入れにほとんどのものが収まっています。

リビングにあるのは無印のラタンかご一つのみとなりました。

 

CHAPTER3:スッキリなのにほっこりする ミニマリストの飾り方

何もない無機質な部屋にしたい訳ではありません。

家は心と体を休める場所。家族がほっこり落ち着いて過ごせる場所にしたいと思っています。

だからこそほっこりするものが重要だと考えます。

ものを減らしたからこそ、好きなものを少しだけ飾るという贅沢ができます。

飾るにしても掃除が楽な方法で飾りたいところ。そんなアイデアをご紹介しています。

 

CHAPTER4:日々の小さな習慣で 心もスッキリ&ほっこり術

部屋も心もスッキリする掃除習慣や、

心を落ち着かせる毎日の習慣についてご紹介しています。

 

コラム&エッセイ

Column:

・特別なモノは手放さない

・ミニマリストの防災ライフ

・飾るのが楽しくなってきたら ほか

 

Essay:

・身軽になりたい理由は?

・手放すことに罪悪感がある人へ

・「床の間的スペース」のすすめ

・暮らしは変化していっていい

 

ゼロから内容もイラストも描き下ろしました。

書店で見かけましたら、お手にとってみていただけると幸いです^ ^

ミニマリストの部屋づくり

 

 

ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

 

 

==片付けを習慣にするために読みたいブログテーマ3選==

おうちを片づけたい

整理整頓・お片づけ♪

スッキリさせた場所・もの