ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

押入に暮らしの全ての物品を収める。部屋の表に収納用品を置くのをやめてみた。

\2017年12月13日、新刊出ます/

先日、とある虫が出たと記事にしました。

mount-hayashi.hatenablog.com

それをきっかけに、収納を抜本的に見直したいと思いました。

 

決めたのはこの3点。

部屋の表に極力、収納用品もモノも置かない。

収納を置く場合は、さっと動かせる軽さ・重さ・形状のものにする。

そして、清潔に保ちやすいように、さっと水拭きできる素材のものにすること。

 

その決め事に基づいて、リビングに置いていた無印のラタンかご3つを撤去しました。

https://www.instagram.com/p/BU24BoEAucI/

instagram@ofumi_3

どうしても紙で持っておきたい本を厳選する。

かご1つにはwi-fiルーターなどの電子機器とコード類を、

残りの2つには、ぎっしりと本を入れていました。

ぎっしり中身のつまったかごは重くて動かしにくく、ついつい毎日の掃除で動かすことを怠っていました。

 

電子機器系は、テレビ線とコンセントの関係でリビングの角のここに置くしかないので、収納用品を見直そうと思っています。

ひとまず水拭きできるプラケースに仮入れしました。

今後収納用品をどうするか検討中です。

 

本はどうしても紙で持っておきたいものを厳選して、残りは自炊(裁断してpdfスキャン)することにしました。

いまダンボールに入れてあります。

そして残ったのがこちら。

・トーマの心臓

・訪問者

・美人画報ハイパー

・美人画報ワンダー

・ほぼ日手帳ガイド2016

 

上の4冊は、13歳くらいから年に1度は必ず手にとって、繰り返し繰り返し読んでいます。

自分の手垢がついて、いつの時代の空気も含まれているように感じられます。

この空気を手放したくないなと思ったので、紙で残すことにしました。

 

ほぼ日手帳ガイドは、生まれて初めて取材を受けた本でした。

大好きなほぼ日手帳のスタッフさんがはるばる我が家まで来てくださったという思い出がぶわっと蘇るので愛着があり、紙の本で持っておきたいなと思いました。

 

紙で保存する本は上のものだけに絞ったので、本はすべて押入れに収めることができました。

 

※他に、現在進行形で読んでいる最中の本はトートバッグに入れてリビングのテーブルのそばに置いてあります。

読み終えるまでの仮置きで、こちらは読了次第スキャン予定です。

 

2年前に自宅で裁断&スキャンしてみた話↓

mount-hayashi.hatenablog.com

 

押入に暮らしのすべての物品を収めています

これで、リビングにはwi-fiルーター収納以外、一切収納家具がなくなりました。

押入に、服も本も書類も文具も化粧品もCDもDVDも書類も家電の説明書も思い出ボックスも季節外の靴も冠婚葬祭セットも画材も収納しました。

つまり、キッチン用品と洗面用品以外のすべての品は押入れに収めきったことになります。

https://www.instagram.com/p/BU24yYuACfZ/

instagram@ofumi_3

押入は、クローゼット兼本棚兼文具兼化粧品兼…つまりなんでも収納場所になりました。

収納しているものは以下の通り

・オンシーズンの服

・オフシーズンの服

・季節外の靴(長靴や冠婚葬祭用パンプスなど)

・結婚式セット

・帽子・ベルト

・文具(ペン、定規、クリップ、セロテープなど)

・工具(ドライバーなど)

・カメラ用品(カメラ、三脚、フィルム、ネガ)

・本

・CD、DVD

・画材(コピック、水彩絵の具、筆洗など)

・化粧品(メイクポーチ、鏡、化粧水、乳液、オイル)

・爪関係(マニキュア、除光液)

・書類(各種書類、家電説明書)

 

何か探し物があればここを見ればいいので、あっちこっち探し回らなくて済みます。

というかものを減らしてからは探し物がなくなりました。

どこに何があるか覚えていられるくらいが自分の持ち物の適量なのかもしれません。

 

3年前は服が多すぎてクローゼットに収まりきっていなかった

「押入に暮らしのほぼ全てのものをしまいきったよ!」

3年前の自分に言っても信じてもらえなさそうなことだなと思います。

スッキリさせた場所・もの

おうちを片づけたい

 

3年前はこんな感じでマキシマムな持ち物を抱えて生きていました↓

mount-hayashi.hatenablog.com

 

3年前の自分には信じてもらえないだろう…それは、押入れの中は服でギューギュー詰めだったから。

以前は一軒家に住んでいたので収納だけは豊富で、作り付けのクローゼットに収まりきらず、本棚とタンス2つとベッド下収納に服をしまっていましたが、それでも収めきれていませんでした…。

 

押入に全ての品を収納するには、そもそも手持ちの服が厳選されていないと難しいです。まずは服を見直すところから。

 

今は1シーズンに2-3パターンの私服のコーディネートを決めて回しています。

お気に入りの服だけしか持たないことにしました。

おかげで毎朝「今日は何を着よう?」と迷うことがなくなりました。

その結果、「着ていない服」「持っていることを忘れている服」というものがなくなりました。

 

服を整理する時にいつも使うのがフクウロ。ダンボールに入れて送るだけなのですごく楽です。ヤマトの方が引き取りに来てくれます。ありがたや。

古着・洋服・ブランド品の買取ならフクウロの宅配買取へ!無料査定・高価買取! 

 

ストーブをつけなくても済む日も増えてきたので、そろそろ冬服の整理をせねば…(寒冷地ゆえ、未だにストーブ使ってます。) 

 

今月は、こんな感じで持ち物と収納に向き合う月間にしたいと思います。

おわり。

 

==断捨離してよかったもの、みなさん何かありますか?そんな記事が読みたい時に。ブログテーマ3選==

捨てる。

断捨離でゆとり生活

持たない暮らし

 

当ブログの関連記事

▶︎「私服の制服化」 の記事一覧 - ミニマリスト日和  

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com 

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com 

mount-hayashi.hatenablog.com 

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com