ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

思い描く絵を描くための道のりは階段を一段一段上るよう。誰のためでもなく、自分の魂を楽しませるためにやる。

\2017年12月13日、新刊出ます/

思い描く絵を描くための道のりは長くて遠い。

いろんな表情を描きたいし、表情のある線を描きたい。

https://www.instagram.com/p/BX48qj8hvF3/

instagram@ofumi_3 GISELe9月号より、素敵だなと思った女性の写真を見て描きました。

 

「絵を描けるようになりたい」と一言で言っても、手に入れたい技術が多岐に渡る。

 

イメージする表情を描けること。

線の使い方を手で覚えること。

どこを太くするのか、どこで力を抜くのか、はたまた力を入れるのか…。そういう感覚を手で覚えていきたい。

服のシワを理解する。

筋肉や骨格など、人体の仕組みと動きを理解する。

手の動きを自在に操れて違和感なく描けること。

動きのある絵を描けること。(今にも動き出しそうな絵を描ける人、憧れます。)

色ぬりの技術を一つ一つ手で覚えること。

美しい構図を脳内にたくさんストックすること。

課題は積み重なりまくりです。

 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

誰のためでもなく、自分の魂を楽しませるためにやる

道のりは遠いけれど、一つ一つ階段を上るように取り組むのは楽しいです。

それは好きなことだから。好きじゃなきゃできないなぁ。

 

しかし、毎日毎日描いていたら、脳と手の回路が繋がり始めているような感覚があります。

昨日より少しだけ回路の接続がスムーズになっている、そんな気がする。

下手でもなんでも、落書きだと思わずに完成させるつもりで毎日描いてみるのが、お絵描き回路接続にとっていい方法のように思います。

 

誰のためでもなく、自分の魂を楽しませるためにやっています。

やりたいように上手くできなくても、やりたいことをやろうと思う今日この頃です。

 

 

らくがき楽描き 

楽しく絵を描くのが「楽描き」。

 

関連記事

mount-hayashi.hatenablog.com