ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

鍼、それは魔法のよう。肩に羽が生えたみたい。

アイスピックのような鋭いもので突き刺されるような痛みを感じるほどだった肩こり。その痛みがすっと消え去った。

9月から接骨院に通っていて、そこで鍼をしてもらっています。

夏に胃が不調になった時に、「姿勢が悪かったりして骨が胃を圧迫している可能性もあるかもね?」という同僚の言葉にハッとして、確かにその可能性はあるかもと思い通院を始めました。

(あの時は漢方や西洋医学の病院にかかってセカンドオピニオンならぬサードオピニオンくらいまでしていました。)

mount-hayashi.hatenablog.com

 

果たして同僚の予言通り、姿勢が悪くて胃を圧迫しているようだという話でした。

生まれて初めて鍼をうってもらって胃は多少楽になったのですが、

それ以上に劇的に改善して驚いたのが「肩こり」でした。

 

私は中学生の頃から激しい肩こりをもっていて、

授業中などに、鋭いアイスピックのようなもので肩を直接突き刺されているような痛みを頻繁に感じていました。

「肩こりってこんなに辛いものなの?

これが治るなら、数万円でもいいから出すなぁ。一番治したいもの、それは肩こりだ。」

と思っていました。

(ちなみに中学生当時の数万円はお小遣い1年分とかを意味しており、社会人の今の感覚でいう「数十万円」という感覚でした。)

そんな肩こりが、鍼で劇的に楽になったのです。

 

 

鍼、それは魔法のよう

f:id:mount-hayashi:20171018093046p:plain

常にどちらかの手で肩を揉み解しながらでないとPCに向かうことができないくらいだったのに肩の痛みがすぅーっと消えて、鉛のように重かった肩が羽が生えたみたいに軽くなっていることに気づきました。

え、長年の肩こりがすっと消えてめちゃくちゃ軽くなったんだけど、これで1700円なの…?!!!!

数十万円出してでも叶えたいと願った「肩こりをなくす」という夢が、1700円で叶うの?

接骨院の先生は…仏様なのかな?

と、真面目に思いました。こんなに楽にしてくれて、こんなに安くて、なんていう善行なんだろうって。

 

ちなみに、想像していたより全然痛くありません。

先生が「ちょっと痛いですよー」と事前に宣言してくれるポイント(多分凝りがひどい)があるのですが、そこもそう痛くはありません。

テグスくらい細いものが刺さる、そんなイメージです。

毎回左肩に5、右肩に4とか、背中に8くらい、首に4くらいうってもらいますが、痛くて呻いたり次の通院が辛く感じたりしたことはない、それくらい気にならないささやかな痛みです。

でもこればっかりは人によって痛みの耐性も凝り具合も違うでしょうしね(^ ^;)あくまで私個人の感想です。

 

首の骨や背骨が少し歪んでいるそうで、ボキボキっと治してもらってから、鍼をうってもらいます。電気をあてて会計を終えるまでの所要時間は15-20分くらいかな。

初めは数日に一回ペース、今では2週間に1回ペースくらいで通う必要があるのですが、それでも月に数千円ですよ。

体のメンテナンス代として月に数千円払うことでこんなに楽に日常生活を送ることができるなんて…もう目から鱗というか、本当にありがとうございますとしか言いようがないです。肩が軽いだけで人生の幸福度の底上げ感がとてつもないです。

つらい肩こりに悩んでいる人がいたら、接骨院で鍼を受けるということを検討してみてはどうでしょうか。

 

▶︎シンプル・ミニマルライフの美容と健康 

関連記事

買ってよかった、試してよかった、作ってくれた人に感謝を捧げたいものシリーズ。 

mount-hayashi.hatenablog.com

↑最近は、アイマスクがあたたかくなった記憶もないくらい一瞬で眠りに誘ってくれます。

 

mount-hayashi.hatenablog.com

↑デジタルなのみ紙みたいな描き心地。開発してくれた人に心から感謝している。