ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

すっきりさせたいけれど、殺風景にしたいわけじゃない。断捨離しても残ったもの。

\2017年12月13日、新刊出ました/

断捨離しても残ったもの

なんでもかんでも溜め込んで汚部屋状態になっていた4年前。 

mount-hayashi.hatenablog.com

あの頃からずっとあって、断捨離後も残っているもの。

それはモビール。

断捨離しても残ったもの。

 

以前は猫がボールを追っかけているモビールだったんですが、何度か床に落ちてバランスが崩れて使えなくなり手放して、

その後この白鳥のモビールに買い替えました。


 

 

 

すっきりさせたいけれど、殺風景にしたいわけじゃない

ものを減らすこと、そして部屋がすっきりしていくのは一種の快感を伴うように思います。

スペースが空くと風通しがよくなるようで、視覚的にも心理的にもすっきりします。しかし、片付けの気合が入りすぎて気づけば「もっと減らしたい!もっと!」という気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか。

でも、すっきりさせたいけれど殺風景にしたいわけじゃありません。

部屋の大きさに合わせて、掃除しやすく管理しやすい分量に収めつつも、目を楽しませたり心を喜ばせるものがどこかにあってほしいと思います。

なぜなら、家はほっとする場所であってほしいから。

「すっきりして」「掃除・管理しやすく」「そこにいてほっとする」場所、という三拍子揃った場所であってほしいのです。

なので、壁にファブリックパネルを飾ったり、天井にモビールを飾ったりしています。

 

静かに動くものが好きです。

ストーブや窓からの風を受けて、常にひらひらと舞っている鳥たち。

PCやスマホに釘付けで眼が近くにピントを合わせ続けているような時にも、パッと顔を上げると視界の端に動くものがあると視線がそちらに惹きつけられます。

何を考えるでもなくぼーっと動くものを眺めて、それがいい眼筋休ませタイムになります。

また引越しして今より狭い部屋に住むことになったとしても、このモビールは持っていくだろうなぁ、と思います。 

おわり。

▶︎ミニマリストの持ち物

▶︎断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

 

関連記事

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com