ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

旅の必需品。いつも通りの口内洗浄ができないと、旅を最大限楽しめない。

旅を楽しむための必需品

旅に欠かせないものって人それぞれだと思います。

これさえ忘れなければ大丈夫というもの。

私の場合はこれ、「携帯用ドルツジェットウォッシャー」です。

https://www.instagram.com/p/BSkIZh7hCwN/

instagram@ofumi_3

  • 旅を楽しむための必需品
  • いつもどおりの口内洗浄ができないと、旅を最大限楽しめない
続きを読む

「できない」を「できる」に変えていくことは、人生を楽しむための土台づくりみたいなもの。『魔法の家事ノート』(三條凛花さん著)を読んで。

「できない」ことを「できる」に変えていく

ブログ「365日のとっておき家事」で、家事をうまく回すためのアイデアを次々と紹介してくれる凛花さんの文章がとても好きなので、初の著書『時間が貯まる 魔法の家事ノート』を読んだ。

 

https://www.instagram.com/p/BSdTRfwBI0E/

instagram@ofumi_3

夫に呆れられるほど家事ができなかった凛花さんが一念発起し、ノートを活用して家事をうまく回すシステムを構築していく。魔法の家事ノートの作り方を紹介する一冊である。

 

「わからない」ことがあると、その都度じっくり考えたり、調べたり、探したり、迷ったり。そういうムダな時間が生まれます。そしてそれこそが、家事を面倒なものだと感じさせているのではないでしょうか。

家事における「わからない」は2つ。

1.今日やるべき家事がわからない

2.家事をするために必要な情報(献立、いつも買っている定番品、ごみの捨て方など)がわからない

つまり、「わからない」からあと回しにしてしまうのです。裏を返せば、これらを解消できれば家事の悩みがぐっと減るはず。それなら、家じゅうの「わからない」をまとめてみよう。そんな風に作り上げた『家事ノート』は大成功!家事にかかる時間と労力を大幅に減らすことができたのです。

時間が貯まる 魔法の家事ノート』p12より

 

今日何をしていいかわからない。それが理由で動き出せずに立ちすくんでしまうことって多い。

特に料理。今日何を作っていいかがわからなくて作業に取りかかれない。

「わからない」を一つ一つ潰して「わかる」にしていけば、苦手で億劫で巨大な敵に思えた家事も、気づけば楽しくて当たり前にできることに変わっていく。

それは家事に限らず当てはまることだと思う。

なので、どんな人にオススメか?と尋ねられたら、男女問わず一人暮らしをする学生や社会人、働きながら家事をこなす夫や妻だけでなく、「今日何をするか」を自分で考えて行動するすべての人におすすめしたいと思う。

  • 「できない」ことを「できる」に変えていく
  • 毎日自炊したいのにできない私にとって、わからないことってなんだろう?
  • なぜ?なぜ?と原因追求の質問を続けてみよう
    • 問題点の把握
  • 「できない」を「できる」に変えていくことは、人生を楽しむための土台づくりみたいなもの
続きを読む

オセロをひっくり返すように、1日おきにやりたいこと/やるべきことを入れ替える。自分の中の大人と子供を両立させる。

この一ヶ月、本当に楽しかった。

こんなに自由に自分のやりたいことをやり通したのは初めてだった。

 

先日も書いた通り、3月はやらなければならないことよりもやりたいことを優先させると決めていた。 

 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

3月は夢のようだった。

だからこそこの時間が終わってしまうのが惜しい。

まだまだ見たいものがたくさんある。

この一ヶ月のおかげでやりたいことが数倍に膨れ上がってしまった。

https://www.instagram.com/p/BSYWAOJBCB-/

instagram@ofumi_3

  • 夢のような時間を手放すのが惜しいと思ってしまった。だからオセロをひっくり返してみようと思う。
  • 大人と子供の両立
続きを読む

3月の人気記事。夫の服/私服の制服化/ネイルの幸せ底上げ感/メイクポーチの中身

この、2017年の3月が終わっていくのが淋しいなぁ。

びっくりするくらい楽しかったから。

この3月によく読まれた人気記事を振り返ります。

 

f:id:mount-hayashi:20170331000621j:plain

  • 5位 カルテットにだだハマり。グレーな人間模様が面白い
  • 4位 わたしの好きな「夫の服」私服の制服化メンズ春
  • 3位 生まれて初めてネイルサロンに行ってみた。 
  • 2位 メイクポーチの中身2017、旅の超ミニマルメイク
  • 1位 春の私服の制服化 
  • 個人的に思い入れのある記事
続きを読む

やりたいことを優先させると決めた3月。魂が洗濯されていくような癒しがあった。

やらなければならないことより、やりたいことを優先させると決めた3月

3月の始まりの日に、自分の中で取り決めたことがある。

この一ヶ月間は、やらなければならないことより、やりたいことを優先させよう、ということ。

https://www.instagram.com/p/BSNz9Tzhml8/

instagram@ofumi_3

観たいものはあれこれ言い訳せずに観よう。

読みたいものは読もう。

行きたい場所へはさっと行こう。

言葉通りに自分の願い事は全部叶える勢いでどこへでも出かけた。

睡眠時間はどんどん短くなった。

台湾から帰ってきてから今日のこの日まで、3時に寝て7時半に起きる生活だった。4時間半睡眠を20日ほど続けて、それでも日中眠くならないほどに読みたいもの、観たいものを追いかけるのに夢中だった。

こんな自由な時間の使い方をしたのは、物心ついてからだと初めてだったんじゃないかと思う。

  • やらなければならないことより、やりたいことを優先させると決めた3月
  • やりたい思いは通り過ぎる、情熱はうつろう。
  • まだ楽しみ方を知らない芸術がたくさんある。扉を開けられるのを待っていると思うと嬉しくなる。
  • やりたいことを優先させる一ヶ月を送ってみて
続きを読む

リンネル5月号「小さな家の、豊かな暮らし」に掲載されました / 雑誌から春の気配を感じる。

リンネル5月号の「小さな家の、豊かな暮らし」特集で、部屋の写真とインタビューを掲載していただきました。

https://www.instagram.com/p/BSGXXYEhUIM/

instagram@ofumi_3

「小さな家の、豊かな暮らし」のコツ

本多さおりさん(同じ船舶時計を使っていることに気づいて嬉しい)や、

マキさん(59㎡の2LDKに家族4人で暮らしていらっしゃる)や、

大谷優依さん(インテリアスタイリスト。お部屋の間仕切りや目隠しに布を効果的に使っていてとても勉強になります!)

のお部屋が紹介されていて、小さな家でスッキリ暮らすコツを垣間見れて勉強になります。

 

また、各家庭のこれまでの部屋の変遷が間取り図とともに紹介されているので、

「ふむふむ、これくらいの面積で家族○人で暮らせるのね」「以前はこんな広さだったんだ。なるほど。」と興味深いです。

f:id:mount-hayashi:20170327190232j:plain

我が家のページでは、リビング、寝室(和室)、キッチン、食器棚の中、クローゼット代わりの押入れ収納の中身などを公開しております。

  • 「小さな家の、豊かな暮らし」のコツ
  • 春の気配を感じる雑誌にわくわくする
続きを読む

月1回の水やりでOK! ズボラにも優しい自動給水ポットで植物を育てる。

 

京都ぶらり、上賀茂神社手作り市で植物に出会う。

ここ半年以上、ずっと探していたものがありました。

シルバーグレー系の葉っぱをもった、比較的背の高い植物です。

鉢は用意してあって、あとはサイズと形のしっくりくるものとの出会いを待っている状態でした。

 

持ち物は少なくして身軽でいたいと思ってはいますが、

自分たち夫婦にとって、そこに居るとほっとするような家であってほしいと思っています。

自分の陣地感を与えてくれるもの、見ていると癒されるもの、そこにあるだけでほっとさせてくれるもの。

そういうものを飾りたいと考えています。

いつも過ごすリビングに、ふと視線をやった時に目を楽しませてくれるような植物を置きたいと考えていました。

 

先月の第4日曜にふらりと立ち寄った上賀茂神社の手作り市。

そこでユーカリの鉢を発見。

切り花ではよく見かけますが鉢に出会えたのは初めて飛び上がって喜びました。

f:id:mount-hayashi:20170325191824j:plain

 

どの草花も素敵だった…。 

f:id:mount-hayashi:20170228175438j:plain

 

ズボラにやさしい自動給水のポット

以前も少し触れましたが、鉢植えを枯らしてしまう人間でした。

自分のようなマメでない人間は、植物を育てるなんてことに手を出してはいけない、と長い間植物を買うことを禁じていました。

しかし、ものを手放して身軽になってきた2015年秋、部屋の掃除も習慣化できてきたので「今なら植物も育てられるかも」と思い、小さな鉢植えをひとつ買いました。

それから丸一年以上、枯らすことなく育てられているのは「自動給水タイプ」だったから。

mount-hayashi.hatenablog.com

 

 

今回、少し大きめの植物を部屋に置きたいと思った時に、やっぱり自動給水機能があってほしいと思って

この「ボスケ キューブ」を買いました。

https://www.instagram.com/p/BSDp_9PhMiR/

instagram@ofumi_3

メリットその1:一ヶ月に一回の水やりでいい

一ヶ月に一回水をたっぷりあげればOKという画期的な鉢。その頻度の低さに驚きました。

(玄関に飾っている鉢植え第1号は、自動吸水ではあるけれど5日に一回は水やりが必要なのです。)

 

長期間出かける時に重宝します。

年末年始は毎年10日近く家を空けることになるので、帰省や旅行にも安心して行けるはかなり嬉しいです。

 

メリットその2:植物が自分で勝手に吸水してくれる

なんと、植物自身が自分で勝手に必要なタイミングで吸水してくれるそうです。

「朝に水やりをしなきゃいけない」「夜だけど水をあげていいのか?」など、水やりのタイミングに悩まなくていいのは嬉しいです。

メリットその3:水中に土が浮かんでいるように見えて幻想的

土の中を観察することってそうそうないので面白いです。

遠目に見ると水中に土が浮かんでいるみたいで幻想的です。

朝日が当たると水中を通った光が辺りを照らして、それはそれは綺麗です。見とれます。

サンキャッチャーと合わせて、朝起きるのを楽しみにさせてくれるアイテムになりました。

インドア&インテリアグリーン

 

関連記事

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com

mount-hayashi.hatenablog.com