ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

暮らしの中に余白を持つ、それが精神の安定を保つための生命線ではないか。(やりたいことリストを書く)

最近バタバタと忙しくて、暮らしがおろそかになってるなと思ってます。 部屋のリセットタイムを設けるのが、以前は2日に一回くらいだったのが今はそのスパンが伸びて4日に一回くらいになってるとか、長らく自炊してないとか、読みたい本を読む時間がつくれて…

この一ヶ月で増えたもの減ったもの【増減記録】

この一ヶ月で増えたもの減ったもの 少しお休みしてしまっていましたが、定期的に持ち物の増減を書き残しておくと後で振り返った時に面白いです。

平面にはものを置いてしまう、それは多分人間の本能。だからリセットタイムを設定する。

最近、無印の蓋つきダンボールボックスを本棚代わりに使い始めたと書きました。 mount-hayashi.hatenablog.com このボックスの蓋の上に、ついつい本やPCや封筒をどんどん重ねて置いてしまうんですね。

最近のこと。読んだ本、観た映画。

最近のこと 今年はたくさんインプットしたいなぁと思っていて、乱読乱観(そんな言葉があるかは知らないが)が目標です。 それで↓のようなことをしてみてる。 mount-hayashi.hatenablog.com そんな目標を掲げていても、なかなか何かを読む・観る時間って作れ…

リビングダイニングの定点観測。趣味や暮らしぶりの変化で持ち物が変わっていく。

リビングダイニングの定点観測 昨晩、唐突に「片付けたい期」に入って4時間くらいかけて片付けしてました。 mount-hayashi.hatenablog.com 無印の通販で買った「ダンボールボックス フタ式」に本を収納しました。 夫と私で各2箱づつ。 この箱の上限を超えた…

たぶん、エネルギーは振り子。片付けについて2つの〇〇期を繰り返す。

2つの〇〇期を繰り返す。 私、「部屋を片付けたい期」と「いやいや片付けとか家事とかいいから創作したいんだ期」を交互に繰り返す性質があるんですが、 長めの創作したい期を経て、昨晩から唐突に「部屋を片付けたい期」に入りました。 部屋の乱れが積み上…

早起きのご褒美に読書を。『365日のとっておき家事』『往復書簡 初恋と不倫』『ポーの一族 ~春の夢~ 』

今読んでいる本3冊 ここ最近は、早起きした時間を自分にとってのご褒美になることに充てる、ということをしています。その時間で映画を観たり本を読んだりしています。 左から順に、 『365日のとっておき家事: もっと暮らしやすい家と時短のしくみづくり (単…

2時間早く起きて、その時間はまるまる好きなことに使うという実験。

年末年始実家に帰ってのんびりしていました。 生活リズムがぐるっと夜型になって、毎晩3時に寝ては6-7時間眠るというサイクルが固定化されてしまっていました。 ここでリズムを戻したい。 そしてそして、今月はたくさんインプットする月にしたいと決めました…

2018年のマインドマップ。頭の中を占めていることを書き出してスッキリ。

やりたいこと100のリストを作ろうかな?と思い立ち、 mount-hayashi.hatenablog.com まずは頭の中をどんなことが占めているのか書き出して整理してみようと思い、久しぶりにマインドマップを書いてみました。 書き出してみるとスッキリします。 「あぁこれは…

1月のゆるい目標は、インプットの月にする!時間確保まで習慣にしたい。

1月のゆるい目標は、インプットの月にする!時間確保まで習慣にしたい 昨年は夏頃から新刊の原稿が終わるまで、ずいぶん長い間インプットをお預けしてきました。 忙しい時は、「インプットよりもまずは〇〇をやらなきゃ」と思ってストップをかけがち(という…

メンズファッション誌が取り入れたいコーデの宝庫だった。

メンズファッション誌が真似したいコーデの宝庫だった 先日ふらりと立ち寄ったコンビニで衝動買いをしました。 それがこれ、メンズファッジ。 men's FUDGE -メンズ ファッジ- 2018年1月号 Vol.99 posted with カエレバ 三栄書房 2017-11-24 Amazon 楽天市場 …

しっくりきた朝のスケジュール。気持ちの調律をできる方法を見つけたい。

今朝の、起きてから家を出るまでのスケジュールがしっくりきたからメモしておく。 体と頭とやることの内容が、とてもしっくり馴染んだ感じがしたのだ。 明日以降も、この感覚を大事にして、1日のスケジュールを組みたい。 (明日以降もこれを続けられると嬉…

飛行機雲が消えるまで、ずっと考えていた。BANANA FISHの結末について。

原稿の大部分の作業を終えて、数時間ぽっかりと空き時間が生まれたので、 ずっとお預け状態で読みたくてたまらなかったBANANA FISHを読み終えた。 そして、あまりにもその結末が受け止められなくて、温泉の露天風呂でこの物語について考えていた。 この作品…

手帳に書くことは、夢を叶えるためのスイッチをオンにすることなんじゃないかな。

「手帳に書くことで夢が叶いやすくなるなぁ」 とはこの3年の手帳との付き合いを通してずっと感じていたこと。 書くことで、その事柄について意識を向ける頻度が高くなります。アンテナのスイッチがオンになる感じ。 手帳術の本に掲載していただきました。 そ…

本棚にやってきた本たち。春を超先取り、声に出して読みづらいロシアの名前。

買ったり借りたり手放したりして、毎月本棚の本は増えたり減ったりを繰り返しています。 ここ最近は読む時間がなくて積ん読が増えていくばかりだけれども。 今はじっくり読む間がないのだけれど、「今月はこんな本を手に取った」ということをメモしておくだ…

秋冬が好きな人に、楽しみ方を教えてほしい。

夏に向かっていく季節はどれも好きだ。しかし。 このブログでも何度も書いているような気がするけれど、私は夏が好きです。 冬が終わって夏に向かっていく季節は全部好きです。 冬の終わり、足元で雪が溶けていく時ワクワクする。ようやく春が来るのかと。 …

「今月買ったもの・捨てたもの」を書き出してモノの増減を把握。

今月買ったもの、捨てたもの ぼーっと暮らしているとどんどんものが増えます。 ポストからDMが入ってきて、夫がボールペンをどんどん増やし(胸ポケットに入れて毎日のように持ち帰ってくる。それを夫の仕事用バッグに戻している。)、今月は秋服も買ったし…

もう特に欲しいものなんてないだろうと思ってたのに、気付いたらワクワクしてた。【無印良品のベストアイテムに掲載されました】

無印良品のベストアイテムに掲載していただきました。 私は無印のノートを使って読書日記を描きました。 instagram@ofumi_3 ここ最近読んだ小説の中で最もぐっときたあの2冊について。 ペンギンの憂鬱については、本を読んでイメージした絵を新たに描いてみ…

体が求める味のカツ丼に出会って悔しがった話

ミサイルが飛ぶと、死ぬ前にうまいもん食べたいって思う。 だから、ミサイルが飛ぶ=カツ丼という謎の回路ができてしまった。 なので今日は、体が求める完璧な味のカツ丼に出会って悔しがった話をします。 体が求める味のカツ丼に出会って悔しがった話 カツ…

極力がんばらなくていい方法で自分を喜ばせたい!書き出すだけでちょっと元気が出た。

ここのところお疲れモードである。なので、自分を喜ばせたい。 それも、極力がんばらなくていい方法で! instagram@ofumi_3 極力労力をかけない方法で自分を喜ばせたいけれど、どんな方法があるかな?と思い書き出してみました。 1.好きなものを眺める 2.次…

身軽に暮らしたいと願う人へ、私がおすすめする3冊の本を紹介。【ホンシェルジュで記事が公開されました】

本との出会いを与えてくれる『ホンシェルジュ』にて、 身軽に暮らしたいと願う人へおすすめする3冊の本をご紹介しました。 honcierge.jp ミニマルに暮らしたい、つまり身軽になりたいという強い欲求がないと片付け作業は進まないと思う。 片付けは体力もいる…

思い出すと元気になる言葉をあつめる。#ポジティブ50音 をやってみた。(2017ver)

落ち込んでいる時でも思い出すと元気になる言葉を集める 昨年やってみた「ポジティブ50音』。 1年経った今やってみたら、きっと好きなことが増えているはず。そんな気がしたので、再びやってみようと思います。 ポジティブ50音とは? 「366日のとっておき家…

人の本棚を覗くのって楽しいよね。最近読んでいる本。

普段は紙の本ってあまり買わないんだけど(電子書籍派です) 恵文社やホホホ座(どちらも京都の本屋)などおもしろげな本屋にいくと買っちゃう。 頭がキーンと痛くなる、はらはらと落涙、聞こえない音を感じる 『音の表現辞典』 読む食テロ。『おいしさの表…

初めてこの口紅をつけた日、昨日までの自分よりちょっとだけ健康的に見えた。【『ココ・シャネルという生き方』を読んで】

どうやって口紅を選ぼうか迷っていた 口紅がなくなって新しくしようと思った時に、どこのものにしようかな?と悩んだ。 見た目がシンプルであること、これは譲れない。 ポーチの中身は、(機能も大事だけど)何よりも、ミニマルなデザインであってほしい、と…

習慣化するために、キャッチフレーズを作って唱えてみよう。7月の目標は「自分の井戸にたくさんの魚を放り込む」

小学生に戻ったみたいなオフタイムを過ごした上半期だった。 1月と2月は2106年の延長のような感覚で生きていたのだけれど、 3月に入って台湾に行ったあたりから、自分が生まれ直すような感覚があった。 10年以上ぶりに、自分の好きなものを貪欲に楽しむ時間…

孤独に打ち勝ち続ける方法は、愛があってもなくても誰か一緒にと暮らすことなんじゃないか?『ペンギンの憂鬱』と『永い言い訳』を読んで。

偶然にも、似たようなストーリーを辿る小説を立て続けに読んだ。 『ペンギンの憂鬱 』と『永い言い訳 』だ。 そして思ったこと。 孤独は死に至ることもある病だ。 そしてそれに打ち勝ち続けるための方法は、愛があってもなくてもいいので、淡い情を抱けると…

「できない」を「できる」に変えていくことは、人生を楽しむための土台づくりみたいなもの。『魔法の家事ノート』(三條凛花さん著)を読んで。

「できない」ことを「できる」に変えていく ブログ「365日のとっておき家事」で、家事をうまく回すためのアイデアを次々と紹介してくれる凛花さんの文章がとても好きなので、初の著書『時間が貯まる 魔法の家事ノート』を読んだ。 instagram@ofumi_3 夫に呆…

リンネル5月号「小さな家の、豊かな暮らし」に掲載されました / 雑誌から春の気配を感じる。

リンネル5月号の「小さな家の、豊かな暮らし」特集で、部屋の写真とインタビューを掲載していただきました。 instagram@ofumi_3 「小さな家の、豊かな暮らし」のコツ 本多さおりさん(同じ船舶時計を使っていることに気づいて嬉しい)や、 マキさん(59㎡の2…

うつくしい文章をリズムまるごと体に取り込みたい、という話。

今年に入ってから特に、うつくしい日本語というものに興味を惹かれる。 例えば春の始まりに一人でお皿を拭いている時なんかに、脳内で自動再生される文章がある。 まぢかに春 雪は水音をたててくつの下でとけた トーマの心臓(萩尾望都)より ぼーっとした状…

読書は人生の軌道を少しづつ変える。この1年の読書記録。

読んでよかったなー。そう思った本の忘備録。 世界中で迷子になって (小学館文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/08/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 結婚してから4年、海外旅行にぱったり行かなくなっていた。…