ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

多拠点居住も夢じゃない?無印の提案する小屋「MUJI HUT」が気になる。

==2017.12.11加筆==

気になるもの。

MUJI HUT

https://www.instagram.com/p/BKJ01IEBcsO/

今気になるもの。#MUJIHUT instagram@ofumi_3

 

昨年夏にその存在を知り、気になる…というか住んでみたいと思っていたMUJI HUTが個人向けにも販売が始まっていたようです。

価格は1棟約300万円。居住スペースと縁側だけのシンプルな間取りで、水道や電気はついていない。2017年11月からは個人にも販売対象を拡大している。

 

小屋の居住スペースは約9平米、縁側が約3平米の合計約12平米。

価格の300万円の中には施工、材料費が含まれる(その他、施設整備費、管理費が別途発生)。玄関はなく出入りは正面の窓から行う。水回りはもちろん、ガスなどのライフライン類は小屋にはなく、シラハマ校舎(MUJI HUTが建っている場所)にある共有スペースを使用する。

 ()内、筆者加筆。

居住スペース9平米「無印良品の小屋」って? |楽待不動産投資新聞

このコンパクトさ!多拠点居住にもってこいだなぁと思っていて、好きな街にひとつづつこんな家を持てたらヤドカリみたいでおもしろいなぁ、と気になっている存在です。

  • MUJI HUTとは?
  • 夫婦二人の我が家は25㎡あれば暮らしていけそう
  • MUJI HUTが販売され始めていた!
続きを読む

これは一生の宝物だと、本当に思った。 あんなに美しいものを見せてくれてありがとう。【GPF2017SPレポ】

GPF名古屋、初日に観戦してきました。

これまでアイスショーを観に行ったことは2回あったけれど、試合は初めて。

ブレードが氷を削るザシュッという音、ジャンプで着地した時のドゴッというこもった低音、演技前の張り詰めた空気、会場が本当に一体になって応援する熱気ある雰囲気。

会場で観戦できたのは一生の宝物です。

美しいものを見せてくれて本当にありがとう。

 

 

選手たちは誰しも、多分人生の多くのものを捧げてこの美しいものに到達している。

そうやってキリキリと身を削るようにして、美しいものを見せてくれて本当にありがとうと思った。生命の輝きそのものだと思う。

そういうものに対する感謝とか尊敬の気持ちが渦巻いていた。

このチケットが当たった時、私にできる限りのことをして恩返しをしたいと思った。

会場でお腹の底から湧き上がった感情の肌触りとか、そういうものを書き残して、スケートに興味を持ってもらえるきっかけになれば、これ以上嬉しいことはないなと思った。

f:id:mount-hayashi:20171210213234j:plain

以下、超初心者によるレポです。魂込めて書いたので読んでいただけたら嬉しいです。

  • あんなに観たかったジェイソンの演技、頭が真っ白。でも一生の宝だ。
  • シニア男子、弓のような、弾けるような。
続きを読む

物忘れを防止したい!「パラレルアクション」を暮らしに取り入れる。

ケアレスミスの防止を司る部分が弱ってる?

 

最近、起床してから数時間経っているのにまだ寝ぼけているのか?と疑いたくなるようなケアレスミスが多いです。

20歳過ぎた頃から物忘れが激しくなってきたとは思っていましたが、最近は目に見えてボケてきています。

メールに署名し忘れたり、飲み会の予定を当日の夕方まですっぽり忘れていたり。

 

歯列矯正をしてから、固いものを噛むと歯と顎が痛くてしょうがないので、柔らかいものばかり食べる生活が数ヶ月続いています。

よく噛むとボケ防止になるというけれど、噛んでないからボケてきてるのか?

 

胃腸炎になってから食べる量が2/3くらいになってしまいました。

ただでさえ柔らかいものしか食べてないのに、量が減って噛む回数も減ってるのが良くない?

 

春から夏にかけて、睡眠時間が短い期間が数ヶ月続きました。

眠ることで記憶が整理されるというけれど、寝てない期間に記憶を司る部分が弱ってしまった?

 

何かここで対策を打たねばと思っています。

それで、ひとまずやろうと思っているのが下記のこと。

  • ケアレスミスの防止を司る部分が弱ってる?
  • 左右の手で異なる動きをする運動「パラレルアクション」
  • よく噛むとボケ防止になるというけれど
  • すっぽり忘れてしまうことを防ぐために、いつも付箋とペンを持ち歩く
続きを読む

フィギュアスケート観戦に持って行って本当によかったもの、それは。

念願のGPFを観戦してきました。

ジュニアペア・男子・女子、シニアペア・男子・アイスダンスを観てきました。

 

いろんなことが重なり、私の推しジェイソン・ブラウンの演技を生で観ることができました。

「健康に、怪我なく、できることなら失敗なく、彼の納得いく演技ができますように」

もう彼が滑るまで気が気じゃなくて、ただひたすらに手を合わせていることしかできませんでした。演技前に全身全霊でガンバと叫びました。自分の声援が伝えられる場所にいることがとてつもなく幸福なことだと思いました。

近いうちにレポを書きたいなと思いますが、まずは持って行ってよかったものを記録しておきます。

今回はグランプリファイナルの試合でしたが、今後アイスショーやその他の試合を観戦する時のための忘備録としてメモしておきます。

https://www.instagram.com/p/Bcb5r4Mhhlg/

instagram@ofumi_3

 

  • フィギュアスケート観戦に持っていってよかったもの
  • 今回に限って必要ではなかった、というか失敗したもの
  • 本当に持って行ってよかったもの、それはレターセットとシール
続きを読む

ゆるい目標を立ててみたら、12月が急に輝きだした。

ゆるい目標を立てた。そうと決めたら、12月が急に輝きだした。

 

今年も残すところあと1ヶ月、というか25日と少し。

いつも月の初めにゆるい目標を立てています。

それについて、この本で紹介しています。

 

書く内容によって大まかにこんな感じでフォーマットを決めておくと便利だったりします、というお話をしています。

こんな感じで。

 

f:id:mount-hayashi:20171206180652j:plain

 

さて、今月の目標を書いてみました。目標を立ててみたら、12月が急に輝きだしたように思えました。

  • ゆるい目標を立てた。そうと決めたら、12月が急に輝きだした。
  • やりたいことをやりきるために、生活サイクルを整える。
  • 好きなことを好きなだけ。なおかつ「吸収」ではなく「アウトプット」を優先させる一ヶ月にする。
続きを読む

たった一つのモノがなくなっただけで、数ヶ月続いていた習慣が消え去ってしまった。

物がもつ力は大きい。

2015年の年末にヴェレダのマッサージオイルを買いました。

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル 100ml

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル 100ml

 

 

久しぶりに会った友人の肌が指先までめちゃくちゃツルツルだったので、何を使っているのか聞いたらそのオイルでマッサージしているという話だったので早速買いました。

2016年の1月からオイルが尽きるまで、寝る前のマッサージ習慣を続けてこれました。

化粧水を入れているボックスの中にあるのでお風呂上りに毎日目につき、マッサージという行為はちょっと億劫だけれど、マッサージし始めれば心地よくて体のコリがほぐれるのを感じます。

マッサージを施した後に眠るのはとても幸福な心地がしました。 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

今年に入って、オイルが尽きました。

今思えば、一体いつなくなったんだろう。

それから、忙しさにかまけて買い足すことを忘れていました。

ボディクリームももっていたので、オイルがなくてもマッサージは習慣になってるからやるだろうと踏んでいました。

しかし、驚いたことにオイルがなくなってから一度もマッサージしていません。

 

数ヶ月続いていたことも、ある日何気ないきっかけで失われてしまう

思うに、ボディクリームは肌の潤いのために塗るものであって、その後マッサージを施すには滑らかさが足りないんですよね。以前と同じようにマッサージしようとすると一度に大量に使わないといけない。

でもそれはもったいない精神が働いて心理的ストッパーがかかる。それでマッサージをしなくなったら、習慣自体が消えてしまいました。

世の中には「代用できるもの」もあるけれど、「それでやった方がスムーズにできる専用のもの」もあります。マッサージにおけるオイルは後者だったのだと気付きました。

そして、数ヶ月続いていたことも、ある日何気ないきっかけで失われてしまうのだなと思いました。

 

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル 100ml

その事実に、今日ふと気づき、ヴェレダのオイルを買い足しました。数ヶ月越しで。

一度途切れた習慣は、オイルの力で再び定着できるだろうか。

置き場所に工夫して、続ける意思を持てば、きっとまた定着するだろう。

 

何かを習慣づけようとするとき、初めに必要な道具を一式揃えて形から入るという方法がありますが、あれは有効なのだなと思いました。

ものが目に入るから習慣化したいことを忘れない、ものがあるからさっと行動に移せる、そういう効果があるのだと気付きました。

 

手帳を続けてこれたのも、ものの力を借りていた

手帳を続けてこれたのもある種もののおかげだと思います。

3年前の年始に、カバーと合わせると一万円近くするほぼ日手帳とペンケースと水彩ペンをしこたま買ったからこそ、ものから発せられるゆるやかな威圧感を感じ取って「容易にはやめられぬ」と思い続けられたのかもしれません。

 

手帳の置き場所も、毎日の生活の中で必ず目にとまるところを定位置にしています。

ささいな心がけが習慣をつくる。

そんな、手帳を続けるための自分なりのコツについても、新刊『夢をかなえるノート術』では紹介しています。

ヴェレダのオイル届くの楽しみだな。久しぶりに思いっきりマッサージしよう。

おわり。 

▶︎シンプル・ミニマルライフの美容と健康

 

関連記事

mount-hayashi.hatenablog.com

『夢をかなえるノート術』見本誌が届きました。目次と中身をちらり公開。

今月の上旬に発売になる新刊『夢をかなえるノート術』の見本誌が届きました!

1年近くかけてあたためてきました。それが一冊の本になっていると思うと感慨ぶかいものがあります。

f:id:mount-hayashi:20171203183158j:plain

 

先日の記事でも書きましたが、この本では夢をこのように定義しています。

 

すっきりした部屋で暮らしたい、好きなことを仕事にしたいなど「何かしら自分から行動して継続させないと叶わない目標」のことを夢と定義します。

「早寝早起きしたい」というような暮らしの習慣づけから、「海外に住んでみたい」「好きなことを仕事にしたい」といった夢まで、大小に関わらず上の定義に当てはまるものを夢と呼びたいと思います。

その夢を、ノートの力を借りて叶えよう、という内容です。

  • 1章 どうやって夢を叶えてきた?わたしのノート活用術
  • 2章 書くことの効果を実感 自分を深く知る5つのワーク
  • 3章 すっきり書けて見返しやすい おふみさん流 基本の書き方
  • 4章 ちょっと疲れたときに効く ラクに続ける10のコツ
続きを読む