ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

夫婦でミニマリスト。スッキリだけど落ち着く部屋を目指して。

旅行

部屋のリカバリー込みで旅行なのだと心得よ。

本当に人の才能というものには恐れ入る。夫は散らかす才能が人一倍あると思う。 いや、かつての自分だってそうだったから、後天的に性質が変わることもあるのだろうとは思うのだけれど。 帰省して帰ってきたらこの有様だった。

京都ぶらり。料理したい欲が刺激される旅。

帰省して、フォロワーさんと共に京都の街をぶらり歩き回って来ました。 まずは帰省したその日にブログクリアリストドットコムのヤドカリさんにお会いしました。 お会いするのは2年ぶり。私はヤドカリさんのinstagramが好きでよくホームに飛んで見てるんです…

全くの自由な時間に放り込まれる、昼行便バス旅。

最近、長距離移動の足として「昼間の高速バス」を好んで使っている。 高速バスで7-8時間級の移動というと、夜行バスしか選択肢がないのかなと思っていた。 同じ7時間でも日中なら窓の外を眺められるし、眠らなければと気負う必要もない。そんな便ってないの…

2泊3日から10泊の旅までお世話になったキャリーケースが壊れた。

キャリーケースって壊れるんですね。いや、形あるものはいつか壊れるけれども…。 重いものを入れすぎたのか、取っ手の部分のプラスチック?が持ち上がって剥がれるような形になっています。寿命目前という感じ…どうしよう…。 帰りに困るので買い替えますけど…

ぶらり青森、旅日記。

青森に行きました。 旅の記録を日記に書くのひさしぶりです。 友人と青森ねぶた祭りに行ってきました! 4時起きしてでも食べたかったみなと食堂の平目漬丼 青森ねぶた祭り、組ごとの個性が爆発してた。 電車とバスに乗ればちゃんとたどり着けるんだなぁと思…

「アイデアをひらめきやすい状況」をひとつひとつ洗い出す。

前々から書いているけど、 トイレ掃除をしていると、原稿やブログや人生や生活について、「あ、こうしてみたらいいのでは?」という気づきがある。あんなに狭い空間で、ほんの数分しかいないのに。 mount-hayashi.hatenablog.com アイデアが湧くとかひらめき…

一泊二日の夏の旅。バッグの中身公開。

PCを持っていく時はキャリーケースを使いますが、PCを持っていかない場合は基本的にバックパックが旅のバッグ。 ↓この写真の右のものです。 instagram@ofumi_3(ところでこのバッグの品番がわからないんですよね…どこに書いてあるのかな。今度買ったお店に持…

どうしてこんなに夏が好きなのか / 平成最後の夏を楽しむためのプレイリスト

以前から繰り返し記事にしたためているけれども、夏が好きです。 蝉の声、だらだら汗をかくこと、厚着しなくても暮らせるところ。 梅雨のじめじめから一転、湿度が下がってからりとするところ、その対比。 特に好きなのは海。海開きからお盆まで、海に入れる…

真昼間の温泉に入ると、頭がいい具合にぼーっとして考え事に適した状態になる。

この街で好きだったことがいくつかある。 そのうちの一つが、平日の真昼間にホテルの温泉に浸かること。これがいっとう好きだった。 今日、本当に久しぶりにそれをした。いま温泉の休憩所にあるくつろぎチェアに座ってこれを書いている。 真昼間の温泉に入る…

旅の支度は体の調律から

旅の前に何をしますか? 仕事を片付ける、植物にたっぷり水をあげていく、部屋の片付けをしておく、持ち物を準備する。いろいろあると思います。 最近、旅の支度に追加されたことがあります。 それは、接骨院で鍼を打ってもらうこと。 長時間移動や長時間歩…

映画を観る旅は、その道すがらも含めて丸一日楽しい。

私の居住地の関係で、映画を観ようと思ったら往復5時間かけて隣町に出る必要があるんですね。(隣町の概念とは…?) で、そこまで時間と交通費をかけるなら1日でたくさんの映画を観たいと思うわけで。 それでも終バスがめちゃくちゃ早いので頑張っても1日2本…

冬の幸福ってマイナスからいかに駆け上がるか、なんだと気付いた。

以前、秋冬の楽しみ方を教えてほしいと書いたことがありました。 mount-hayashi.hatenablog.com 基本的に夏が好きです。なので、冬が終わって夏に向かっていく季節は本当にワクワクします。 そして、秋冬以外の季節の内包するものがどれも好きなんです。 春…

嵐山・四条散歩。わたがしみたいな空、夢で見た景色、浅田真央展。

ぶらり嵐山・四条散歩 父と京都をぶらぶら散歩しました。 ぶらり嵐山・四条散歩 夢で繰り返し見たという場所 空にわたがしみたいな雲が浮かんでいた 浅田真央展で涙 本屋さんに新刊が並んでいるのを発見して喜んだ

旅に出ない理由

旅に出ない理由 私の職場は年末年始の休みが毎年長いのですが、この期間に海外旅行に行ったことがありません。 それどころか旅行に行ったこともないかも。ずっとずっと京都で過ごしている。 毎年毎年「こんなに長い休みがあるのにどこにも行かないのってどう…

秋の京都旅、何を着て行く?【私服の制服化】で旅の準備時間がぐっと短くなった。

秋の京都旅、何を着て行く? 11月の下旬に3日間の京都旅、さて何を着ていけばいいかな? 今住んでいるところはもうがっつり冬ですが、京都はまだ紅葉も美しい秋真っ盛り。 気温がずいぶん違うところに行くときは、計画的に服を選ばないと汗だくになって過ご…

たぶん、「想像するだけ」でも半分くらいはそこに行けるんだと思う。

ここ数日、気持ちもタイムスケジュールも張り詰めた状態でした。 30分刻みくらいでこなしていくタスクが、10時間に渡ってずっと待ち構えている…そんな状態が数日続いて、 風邪を引いたらおしまいだし、睡眠時間が1時間短くなると翌日の判断能力に差し支える…

2つの財布を使い分け。旅の相棒「旅行財布」【1日に1つのモノと向き合う】

1日に1つのモノと向き合う。今日は毎日持ち歩くもの、財布に向き合ってみます。 財布の変遷 長財布からスタート。財布の中にはポイントカードだらけで、かなり収納力のある財布でないと収まりませんでした。 そこからカードをかなり整理。ポイントを貯めると…

本棚にやってきた本たち。春を超先取り、声に出して読みづらいロシアの名前。

買ったり借りたり手放したりして、毎月本棚の本は増えたり減ったりを繰り返しています。 ここ最近は読む時間がなくて積ん読が増えていくばかりだけれども。 今はじっくり読む間がないのだけれど、「今月はこんな本を手に取った」ということをメモしておくだ…

5分でも時間をつくって「しおり」を作ることで旅の充実度が上がった。

夫婦共々計画性が欠如しており、ない計画性をなんとか絞って社会生活は送れているものの、プライベートとなると本当にノープランで休日の当日を迎えてしまうことが多々ありました。 滅多に休みが合わないから、休みが揃うとどこかに出かけたいと思っています…

気力と体力を保つために、忙しい時ほど計画的にプライベート時間を組み込む。【今月のゆるい目標】

10月のゆるい目標 10月は忙しい月になる予定です。 11月頭まで、健康を保ちながら駆け抜けたいです。 私の敬愛する野村訓市さんが「12月は1年の中でないようなもの、カウントしない月」とおっしゃっていて、確かに12月ってやることてんこ盛りでとんでもなく…

冬に向かっていく季節はさみしい、けれどこれも楽しみたい。今年の秋冬の目標。

冬に向かっていく季節はさみしい ずいぶん寒くなってきた。裸足で過ごせる季節も終わったのだ。秋に足を踏み入れていく。 季節は体温に近い湯のようだ。ぬるま湯のように足元にひたひたと忍び寄って、ひざ下まで浸かったところでゆっくりと温度が下がってい…

体験を贈られるってこんなにワクワクするのか!旅のきっかけをもらった話。

体験を贈られるってこんなにワクワクするのか! 友人の結婚式の二次会に参列し、ビンゴ大会がありました。 そこでクルージングチケットが当たりました! これが、先日ブログで紹介したSOW experienceの賞品でした! ミニマリストになった今、ものを贈るのに…

旅のしおりを作るような気持ちで、次の休みの予定を立ててみよう。

次の休みの予定を立ててみよう。旅のしおりを作るような気持ちで。 3日間、京都に帰省します。 どこに行こうかな? いつも友人と夜に会う約束だけして日中はノープラン。行き当たりばったりで予定を立てています。 京都を離れる時に寂しくてしょうがなかった…

たったこれだけの荷物で、何もしない旅に出たい。

何もしない旅がしたい。 旅先ではあれこれ慌ただしいくらいいろんなものを見たいタイプの人間でした。 何もしない旅なんてつまらないじゃないか、そう思っていました。 先日、体調が整わない状態でその慌ただしい旅をしてきて、楽しかったけれどちょいと疲れ…

ミニマリストのキャリーケースの中身。2泊3日の真夏旅は熱中症対策を万全に。

ミニマリストのキャリーケースの中身。真夏の旅2泊3日場合。 先日、通勤バッグの中身を紹介しました。 今日は旅の持ち物を紹介します。 真夏の旅は暑さとの戦い。 同時に冷房との戦いでもあります。 体調を崩さないように温度調整しつつ旅を楽しみたいです。…

夏のお出かけに欠かせないもの、薄手のストール。色んな用途に合わせて変幻自在。

夏のお出かけに欠かせないもの。何はなくともこれを持っていく。 夏のお出かけに絶対に欠かせないお供がいます。 特に公共交通機関で長距離移動するときには欠かせないのが、薄手のストール。 夏のお出かけに欠かせないもの。何はなくともこれを持っていく。…

半分うたた寝するようにまどろみながら、流れる景色を見ていた。夏の午後に白昼夢みたいな気分で。【旅と写真と】

先日、松本に行った。 目的地に向かうバスの中で、70代半ばくらいの夫婦が前と後ろの席に別れて座っていた。 座席に阻まれて、お互いの姿は見えないはずのに、二人は全く同じポーズをして窓の外を見ていた。 緑の葉っぱを透けた光りが窓の外には広がっていて…

「旅」と「帰ってきてからの掃除」はセットだと心得ると、喧嘩も減る。

旅から帰ってきたらすること 3ヶ月に2回くらいは、2~3日の旅行に出かけます。 夫と行くこともあれば、友人と出かけることもあります。 シェアメイトみたいな感覚で同居している夫婦なのと、労働時間の総量は二人ともあまり変わらないので、基本的には家事は…

「ただ電車に乗るだけの旅」をしてみたら、脳内がクリアになった感覚があった【アーティストデート】

今月は、自分の中の小さな子供のような部分を楽しませる時間を積極的にもとうと決めた、と書きました。 mount-hayashi.hatenablog.com 自分の中にある小さな子供のような部分を楽しませる時間をもつ。 それは、アーティストデート。 アーティストデートとは…

オリンパスPEN EEで撮った写真は、夢で見る色彩に似ていた。

夢で見たような、景色 OLYMPUS PEN EEで撮った写真をやっとこさ現像できた。 撮り慣れなくて、 ついうっかりシャッタースピード1/30のまま絞り開放して撮ってしまったり、 ピントの距離設定がうまくいってなかったり。 結果として、「え?これ平成29年の写真…